住友林業レジデンシャル、賃貸の敷金礼金仲介手数料のクレジットカード払い開始

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

apart2128_128

賃貸不動産管理会社の住友林業レジデンシャルは、管理物件を対象に、賃貸する人が支払う初期費用のクレジットカード払いを2014年11月1日より開始することを発表しました。

賃貸住宅の初期費用には

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 家賃債務保証料

などが含まれます。

当然、これらの初期費用の支払いでクレジットカード決済を利用した場合には、ポイントが貯まることになり、クレジットカード利用の多い利用者に対するサービス向上を目的としています。

採用しているクレジット決済システムは、(株)イントラストが提供するオンライン決済システム「Doc-on」。

賃貸住宅契約者の携帯電話番号でSMS(ショートメッセージサービス )を送信することで、そのSMSに記載されたURLからログインし、クレジットカード決済を行う仕組みになっています。

SMSは携帯電話番号に固有のものなので、eメールよりセキュリティ性が高く、携帯電話会社を変えても利用できることから採用されています。

今後、毎月の家賃の支払いも、クレジットカード支払いの対象にすることを検討しているとのことです。

ポイントを貯めたいクレジットカード利用者にとっては、家賃8万円でも、年間で100万円ほどの利用になるため、メリットは大きいと考えられます。

賃貸でのクレジットカード払いが一般化することを期待しましょう。

住友林業レジデンシャル、賃貸の敷金礼金仲介手数料のクレジットカード払い開始, 3.0 out of 5 based on 1 rating