auの電子マネーカード「au WALLET」とは?

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.3/5 (3 votes cast)

auwallet32月13日にKDDIは、auの電子マネーカード「au WALLET」をサービス投入する発表をしました、サービスインは2014年5月になる見込みです。「2016年までに1兆円」という大きな目標を打ち立てています。では、電子マネーカード「au WALLET」とは何なのでしょうか?

auの電子マネーカード「au WALLET」

簡単に言えば、auの電子マネーカード「au WALLET」というのは、nanacoカード、waonカードなどの電子マネーカードに近いものと考えられます。もちろん、意識しているのはdocomoのDCMXでしょう。

背景にはnanacoカード、waonカードなどが成功しており、顧客の囲い込みを実現できていることがあること、iphoneの普及などでおサイフケータイよりも、カード型の決済システムの方が顧客に受け入れられやすいことが考えられます。

電子マネーカード「au WALLET」は、プリペイド型の電子マネーカードであり、事前に利用金額をチャージして使うことが可能になります。

電子マネーカード「au WALLET」は、MasterCardの加盟店で利用することができます。オンラインショップでも、リアル店舗でも利用ができる予定で、もちろん、auの料金支払いなどにも利用が可能です。

auwallet

独自のポイントプログラム「au WALLET ポイントプログラム」も開始する予定ですが、サービス開始直後にどのくらいのポイント還元率で、どのくらいのポイントプログラム加盟店が参加するかはわかりません。

auwallet2

また、電子マネーカード「au WALLET」に年会費がかかるのか、どうかも今のところは不明です。

「ユーザーの心理は、物理的にあるカードを使って支払いたいという気持ちが強い。そして、スマートフォンとカードを分けたいという気持ちも強い。ショップもカードを発効して使ってもらうほうが分かりやすい」というauスマートパスから得た情報をもとにしているというが

筆者個人の意見では、物理的なカードを使いたい意識が大きいとはあまり思えません。単純にクレジットカードの方がポイント還元率が高いという理由がクレジットカードが普及して、おサイフケータイが普及しにくい理由なのではないでしょうか。

ビジネス構造上、電子マネーで得られる収益とクレジットカードで得られる収益には大きな差があるので、電子マネーの場合、還元できるポイントにも限界ができてしまうのです。

電子マネーカードが普及するためには、Suicaでも、WAONでも、nanacoでも、同じですが電子マネーを利用する必然性が重要になります。auの場合、nanacoやWAONのように店舗があるわけではなく、suicaのように使うと毎日の不便がなくなるなどの必然性がないので、Tカードのように提示によってポイントが貯まるか、ポイント還元率をとても高くする、など工夫が必要と言えるでしょう。

利用する側としては

「年会費はかかるのか?」

「ポイント還元率はどのくらいあるのか?」

「ポイントプログラムの加盟店はどのくらいになるのか?」

「チャージでポイントが貯まる専用クレジットカードはできるのか?」

などが、「au WALLET」で支払いをするかの大きな分岐点だと考えれます。

上記のスペックがいまいちであれば、支払いをするときはクレジットカードの方が断然お得だからです。チャージでポイントが貯まる専用クレジットカードができれば、ポイントの2重取りが可能になるため、利用する価値のある電子マネーになると言えるでしょう。

auの電子マネーカード「au WALLET」とは?, 4.3 out of 5 based on 3 ratings