クレジットカード審査の在籍確認って会社にばれないの?

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (2 votes cast)

phone128_128クレジットカードには「在籍確認」というものがあります。この「在籍確認」はクレジットカードの審査では重要なものなのですが、「会社の同僚にばれてしまうのではないだろうか?」「会社にばれて困ることがあるのでは?」と心配される方も多いようです。ここではクレジットカード審査での「在籍確認」について解説します。

在籍確認の仕組み

在籍確認というのは、クレジットカードの申込フォーム、申込書に記載した勤務先企業に「本当に在籍しているのか?」を確認するための制度のことを言います。

在籍確認の実施方法

在籍確認では、申込みをした方がすべきことはありません。クレジットカード会社が勝手に勤務先の会社に電話をかけて在籍しているのか?を確認するのです。

「えっ勝手に電話されて会社にクレジットカードを作ったのがばれるのは困る」

と思った方はご安心ください。

ほとんどのケースでは「在籍確認」でクレジットカード会社の名前をだして連絡されることはありません。

在籍確認の流れ

1.クレジットカード会社の審査担当者

個人携帯から勤務先企業へ連絡

2.在籍の確認をする

「田中と言いますが○○様いらっしゃいますでしょうか?」

3.電話を取った会社の同僚の方

「申し訳ございません。○○は席をはずしています。」

本人がとった場合は

「私です。」

4.在籍確認終了

という流れになっているのです。そのため、クレジットカード会社からの在籍確認があったのか、どうかもわからないケースも多いのです。一部外資系のステイタスカードの場合は、クレジットカード会社の名前でかかってくることがありますが、ステイタスカードなので知られても問題ないという判断だと思われます。

ほとんど、会社の同僚、会社の上司にばれる可能性はないのです。

在籍確認は、なぜ必要なの?

クレジットカード審査で在籍確認が必要な理由は、申込フォームにウソの勤務先を書かれていた場合それを見極める方法がクレジットカード会社にないからです。他社の借入状況などは個人信用情報によって、クレジットカード会社は照会することができますが、勤務先の情報はないのです。

東証一部上場企業に在籍と偽って無職の方が申し込んでくる可能性だってあるのです。

そのため、クレジットカード審査では「在籍確認」が行われるのです。

年々、在籍確認を行わないクレジットカードも増えている

在籍確認というのは、必ず行われるものではありません。クレジットカード審査できちんと連絡が可能で、審査上も全く問題がない場合、年会費無料のクレジットカードで限度額なども低く設定されている場合、など審査が全く問題ない方の場合、在籍確認を行わないケースも増えてきています。

とはいえ、これは審査に問題のない方であり、審査の状況は利用者にはわからないため、在籍確認はあるものと考えておくと良いでしょう。

クレジットカード審査の在籍確認って会社にばれないの?, 2.0 out of 5 based on 2 ratings