審査なしでクレジットカードのように使える「デビットカード」

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 5.0/5 (1 vote cast)

bank128_128クレジットカードの審査にどうしても通らない方におすすめなのが「デビットカード」というカードです。ここではデビットカードについて解説します。

デビットカードとは

デビットカードというのは、クレジットカード会社が発行するショッピングなどの決済に利用できるカードのことです。これだけだとクレジットカードと同じですが、大きな違いはデビットカードでショッピングをした場合、リアルタイムで銀行口座から引き落とされる形になるのです。

クレジットカードの場合は、ショッピングをした場合、その月の月末に締めて、翌月末に登録してあった銀行口座から引き落とされるというのが一般的です。ショッピングの時点から1ヶ月~2か月後に料金を支払う形になるのです。

しかし、デビットカードの場合は、ショッピングをしたタイミングで登録してある銀行口座から引き落とされることになるカードなのです。

なぜ、デビットカードは審査がないの?

端的に言えば、「クレジットカード会社が立て替える必要がないから」です。

クレジットカードの場合は、ショッピングの時点から1ヶ月~2か月後に料金を支払う形になるため、クレジットカード会社が立て替える期間が発生します。そのため、貸し倒れを防ぐために属性や信用情報、クレジットヒストリーなどを審査して、信用のおける人だけにクレジットカードの発行を行うのです。

しかし、デビットカードの場合は、ショッピングの時点で口座から引き落とされます。口座残高がショッピングでの支払い金額に満たない場合は支払いが成立せず、買い物ができないことになります。レジで「口座残高が足りないようです。」と言われることになります。

つまり、クレジットカード会社が立て替える必要がなく、貸し倒れリスクがないのです。

基本的にデビットカードの場合は、銀行口座が作れればデビットカードも作れると言われています。住所がないなどのケースを除いて、ほとんどの方はデビットカードは発行できるのです。また、クレジットカードは高校生を除く18歳以上でないと発行することができませんが、デビットカードの場合は15歳以上であれば発行することが可能になるのです。

海外ではデビットカードはクレジットカード並に普及している

欧米では広く使われており、ニルソンリポートによると、2012年の世界の決済件数・取扱高は、デビットカードとプリペイドカードを合わせるといずれもクレジットカードを上回っているほど普及しているものなのです。

しかし、日本国内では13年のクレジットカードの決済額が40兆円に対して、取引金額は4859億円と約1%の利用しかないのです。

デビットカードが普及しない背景には、クレジットカードのようなポイント還元率を提供できないことが要因と言われています。クレジットカードはキャッシングやリボ払いの手数料収入があるため、利用者に還元できる原資が多いのです。

まとめ

クレジットカードの審査が通らないと悩んでいる方には、銀行口座が作れればほとんどの方が発行できるデビットカードがおすすめです。利用方法はクレジットカードとほぼ同じで、清算時に店員さんに渡すだけなので、現金を持たずにショッピングが可能になります。ひとつの選択肢として考えましょう。

JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカード

  • 年会費永年無料
  • 審査なし、15歳以上で発行可能
  • VISA加盟店で利用できるデビットカード
公式サイトへ
人気ランキング1位
発行会社ジャパンネット銀行
国際ブランドVISA
カード種類デビットカード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費特典-
発行期間最短1週間
キャッシュバック率下限0.000%
キャッシュバック率上限0.000%
 
審査なしでクレジットカードのように使える「デビットカード」, 5.0 out of 5 based on 1 rating