クレジットカード審査に影響する申込みのコツ

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードサインクレジットカードの審査と申込みについては深い関係があります。なぜなら、申込み内容は審査に重要な「属性」を判断するために使われるものであり、年収や勤務先、持ち家などの情報が入っているものなのです。また、同時にここで審査に重要視される「キャラクター(性格)」も判断されてしまうのです。ウソをつく人と認識されてしまえば、どんなに属性が良くても、審査に通らない可能性が高いのです。

申込みで注意すべきは「虚偽の申告」

一番やってはいけないのは「嘘をつくこと」です。あなたも友人にお金を貸すとしたら、嘘ばかりつく友人にはお金を貸したくないのではないでしょうか。クレジットカードの審査でもこれと同じことが起きます。

例えば、クレジットカードの申込フォームには「他社借入件数」「他社借入金額」という項目があります。本当は、カードローンで200万円の借金があるのに、少な目に書いておかないと審査に通らないのではないかと思って100万円と記入してしまうとします。

しかし、クレジットカード会社は個人信用情報にあなたの氏名で照会するため、そこで正確な「他社借入件数」「他社借入金額」はあっさりバレてしまうのです。

本来は200万円の借り入れがあるのに100万円とウソをついた人は審査に通ることが難しくなってしまうのです。もちろん、200万円の借り入れがあるのにうる覚えで195万円と記載してしまっても、大きな問題にはなりません。大幅に自己申告金額と差があるときに「キャラクター(性格)」の評価が下がってしまうのです。

「属性」を理解して申込みフォームに記入する

クレジットカードの審査では「属性」も重要な審査項目になってきます。たとえば、連絡先に「固定電話」と「携帯電話」の記入欄があった場合、どちらか一つを記入するだけでも申し込みは完了します。しかし、属性の評価が高いのは、「固定電話」と「携帯電話」を両方記載した人になるのです。面倒だから、自宅にかけてほしくないから、という理由で「携帯電話」だけを記入する方が多いのですが、審査ではマイナスの評価になってしまいます。

「属性」は変えられないものが多いのですが、連絡先のように「あるのにかかない」というようなものは局りょっくへラスト良いでしょう。

キャッシング枠は使わなければゼロにしておく

キャッシング枠は、ショッピング枠の審査よりも審査のハードルが高いものです。ショッピング枠は、ショッピングに使うものなので、利用する金額というのはおのずと限定されてきますが、キャッシングは生活費や他のローン返済などにも利用できるため、クレジットカード会社から見た貸し倒れリスクが高いのです。

利用する予定がないのであれば、キャッシング枠の希望はゼロにしておいた方が審査は通りやすくなります。

誤字脱字、打ち間違えも審査対象

虚偽の申告ほどは重たいものではありませんが、誤字脱字、打ち間違えなども極力避けなければなりません。正確に情報を記載できないということも、「キャラクター(性格)」の審査に影響してくるのです。

紙の申込書であれば、枠内に正確な字で記入することが必要です。きれいな字である必要はありませんが、丁寧で正確であることが求められます。インターネットでの申込であれば、誤字脱字というのは発生しませんが、漢字の変換間違えや急いで入力してしまうことによる打ち間違えなどが発生しやすいので注意をしましょう。

「任意」のところもできるだけ入力する

インターネットの申込みフォームでは、「必須」の記入項目と「任意」の記入項目があります。「任意」の入力項目を入力することによって不利に働く可能性もゼロではありませんが、相対的に見れば記入しておいた方がクレジットカード会社の判断材料が増えるため、プラスに働く可能性の方が高いと考えられます。審査が不安な方は、最低限の「必須」項目だけでなく、「任意」の項目も埋めるようにしましょう。

クレジットカード審査に影響する申込みのコツ, 4.0 out of 5 based on 1 rating