クレジットカードの利用明細

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

クレジットカード利用明細アイコン

クレジットカードを発行して、利用しているとクレジットカード会社から毎月利用明細が郵送されてきます。この利用明細には、「何にいくら使ったか?」「現在の限度額やキャッシング金利はいくらなのか?」などの情報が載っているため、現在の利用状態を知る便利なものなのです。間違っても、見ないで捨てるということはしないで、一度は目を通しましょう。

クレジットカードの利用明細に記載されている項目例(JCBの場合)

基本情報

  • カード番号、カード名称、氏名、支払小計

お支払い方法

  • 1回:ショッピング1回払い
  • 2回:ショッピング2回払い
  • ボ1:ボーナス1回払い
  • 分割回数:ショッピング分割払い
  • リボ:ショッピングリボ払い
  • C1:キャッシング1回払い
  • Cリ:キャッシングリボ払い
  • 海C:海外キャッシング1回払い

電子マネー利用の有無

  • 電子マネーが付帯されているクレジットカードの場合、電子マネーでの利用額が記載されます。

割引適用額

  • クレジットカードの特典によって、割り引きが適用される支払いがあった場合、割引適用額が記載されます。

ポイント対象の支払い

  • ポイント付与の対象になる支払いに対してマークが付きます。

ポイントの情報

  • 累計ポイント数
  • 利用ポイント数
  • 次回ポイント失効予定日
  • 次回失効予定ポイント
  • クレジットカードの利用可能枠

ショッピングリボ払いやキャッシングの情報

  • 手数料
  • 利率
  • 返済方法
  • 支払額の内訳

支払い予定情報

ショッピングリボ払いなどを利用して、利用残高がある場合に、今後支払う予定の金額、年月、支払い後残高が2ヶ月分表示されます。

クレジットカードの利用明細書は重要

上記のように、クレジットカードの利用状況がすべて把握できると言っても良いでしょう。現在の借入れ状況を把握するためには、一度は目を通す必要があります。また、捨てる時にも、情報が多く載っているため、そのまま捨てずにシュレッダー、もしくはハサミを入れて情報が読み取れないようにしてから捨てることをおすすめします。

今後の利用明細はウェブ明細が主流に

クレジットカード会社も、ポイント競争で疲弊し収益が落ちているのが現状です。そのため、できるだけコスト削減をしようと利用明細書の郵送をやめてウェブ明細に切り替えるクレジットカード会社が増えてきています。

ウェブ明細にすることで、「郵送費」「印刷費」「紙代」「郵送にかかわる人件費」などが削減できるため、クレジットカード会社にとっては大きなコスト削減なのです。

利用者側としては、郵送の利用明細書は受身でも、届く利用明細でしたが、ウェブ明細はこちらからサイトにアクセスしてログインしないと見ることができません。利用状況をチェックする習慣がなくなってしまう可能性があるため、月一回は利用状況を把握する癖を付けることが必要なのです。

今後は、ほとんどのクレジットカード会社がウェブ明細に移行するのではないでしょうか。

クレジットカードの利用明細, 2.0 out of 5 based on 1 rating