クレジットカードとは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードアイコンクレジットカードは、現金がなくても、ショッピングやサービスが利用できるサービスです。現金を持ち歩くことなく、ショッピングができるため利便性が高いと同時に、ポイントが付与されたり、レストランなどの料金が優待価格になったり、お得に利用できるため世界的に多くの人に利用されています。

クレジットカードとは

商品やサービスを購入する際の支払い方法(決済手段)のひとつです。クレジット(credit)とは「信用」という意味があり、クレジットカード会社が信用して、クレジットカード会員がクレジットカードを利用された場合に支払い金額を立て替えるサービスと良いでしょう。

クレジットカードの仕組み

  1. クレジットカード会員は、買い物やショッピング時にクレジットカードの加盟店でクレジットカードを提示します。
  2. 加盟店は、クレジットカードで決済をし、商品やサービスを提供します。この時には現金にやりとりなどは発生しません。
  3. 加盟店は、クレジットカードで決済された商品やサービスの伝票を加盟店管理会社(アクワイアラー)へ報告します。
  4. 加盟店管理会社(アクワイアラーは、商品・サービス代金から加盟店手数料を差し引いた金額を数日以内にカード加盟店へ一括で支払います。
  5. 加盟店管理会社(アクワイアラー)からカード発行会社(イシュアー)へ情報を転送します。
  6. カード発行会社(イシュアー)は、商品・サービス代金をクレジットカード会員に請求します。
  7. クレジットカード会員は、この請求された金額を一般的には銀行口座からの引き落としによって支払います。

クレジットカードのメリット

利用者のメリット

  • 現金を持ち歩く必要がない
  • ポイント付与や旅行保険付帯、優待価格などのサービスがある

利用者のデメリット

  • 年会費が必要なクレジットカードがある
  • 現金が必要ないため、使いすぎてしまう可能性がある

加盟店のメリット

  • 決済方法として一般的であるため、クレジットカード決済がある方が購入者の利便性が高くなる

加盟店のデメリット

  • 決済手数料をクレジットカード会社に支払う必要がある

クレジットカード会社のメリット

  • 利用してくれる額が増えれば、加盟店からの決済手数料収入が増える
  • 利用してくれる会員が増えれば、年会費収入が増える

クレジットカード会社のデメリット

  • 競争が激化しているため、魅力あるメリットを出さないと会員が増えない
クレジットカードとは, 4.0 out of 5 based on 1 rating