クレジットカードのサイン

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードアイコン

クレジットカードを利用するときには、サインが必要とされていますが、これは何のためにするものなのでしょうか?また、サインのルールはあるのでしょうか?

クレジットカードのサインの意味

クレジットカードに加盟する加盟店は、加盟店規約によって、クレジットカードの裏面に記載されているサイン(自分で記載)と、売上の伝票に記載されているサインが同一なものであるのかをチェックする義務があります。

これは、「持ち主」=「利用者」が同一人物であるかどうかを判別するために、行われるもので、盗難等の犯罪をした方が利用するのを防止するひとつの方法として行われているのです。

年々増えているサインレスの加盟店

加盟店規約に上記のような義務が記載されているのですが、年々クレジットカードにサインを依頼しない加盟店が増えてきています。

コンビニやスーパー、ドラッグストアでサインを求められたことはありますでしょうか?ないですよね?利用金額が少額で、かつ会計のスピードが重視される業態ではサインが必要ないことも多くなっているのです。

ただし、依然としてカード被害の多い「高級ブランド店」や「高級料亭」、「金券ショップ」などでは、サインが必要なのが一般的です。

クレジットカードのサインの記載ルール

実際には、ルールはひとつだけです。

クレジットカード裏面のサインと同じサインを毎回同じように書く

です。

加盟店側がチェックするのは、裏面のサインと同一かどうか?だけなので、それが漢字であろうと、カタカナであろうと、記号であろうと、問題はないのです。

あくまでも、同じサインを自分で何度も書ければ、なんでも良いのです。自分の名前でなくても、構いません。ニックネームでも、あだ名でも、良いのです。

クレジットカードの裏面にはサインをする必要がある

クレジットカードの裏面にサインをする欄がありますが、ここに自分でサインをしておかないと、上記に書いてあるようなチェックができません。

問題は、盗難や紛失時に別人がカードの裏面にサインをして使ってしまえば、利用できてしまうのです。

しかし、現実的には裏面もサインを真似して書いてしまえば、それをチェックできる加盟店は少ないため、防犯としては機能していないとも言えます。将来的には、すべてICなどの別のセキュリティによって、本人確認ができるようになるのではないでしょうか。クレジットカードのサインがなくなる日もそう遠くはないでしょう。

クレジットカードのサイン, 2.0 out of 5 based on 1 rating