クレジットカードの審査

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードアイコン

クレジットカードを申し込んで発行するのには、カード会社の審査に通過する必要があります。クレジットが「信用」という意味であることからも、わかるとおりに「信用してお金を立て替えていいのか?」をカード会社がチェックすることをクレジットカードの審査といいます。

クレジットカードの審査項目

1.クレジットカードの申込基準をクリアしているか?

年齢や年収、職業などのクレジットカード申込基準をクリアしているのか?が一番はじめにチェックされます。例えば学生不可のカードに学生が申し込んでも当たり前ですが審査には通りません。

2.安定した収入があるか、どうか?

毎月、安定した収入があるかどうかもクレジットカード審査の重要なポイントです。カードのグレードによって、必要な年収の基準も変わってきます。また、正社員なのか、契約社員なのか、派遣社員なのか、パート、アルバイト、専業主婦など職種も重要な審査項目になります。パート、アルバイト、専業主婦の場合、審査に通るクレジットカードは限られてしまいます。安定という意味では、勤続年数の長さも審査には影響し、長ければ長いほうが安定していると判断され審査上は有利になります。

3.他のローンやクレジットカードの利用状況

住宅ローン、カードローン、自動車ローンなどお金を借りるサービスの利用状況、他のクレジットカードの利用状況が、審査に影響します。例えば、カードローンを利用していて、返済の遅延が多い方であれば、クレジットカードの発行は非常に難しくなってくるのです。逆に、他のクレジットカードで限度額いっぱいまで利用しながら、数年継続して一度も遅延していない方などは、優良顧客候補として審査にはプラスになります。


実際には、クレジットカード会社によって、審査の方法は違っており、上記以外にも細かく審査基準が設けられているのですが、ゴールドカードやプラチナカードといったグレードの高いクレジットカードでない限りは、よほど勤続年数が短いとか、他の借金が多い、過去に債務整理をしているなどの問題がない限りは、審査は通ると言って良いでしょう。

クレジットカードの審査, 4.0 out of 5 based on 1 rating