クレジットカードのセキュリティコード

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

クレジットカード利用明細アイコン

クレジットカードでショッピングをしようとした際に「セキュリティコードを入力してください。」と言われるときがあります。

最近では、特にセキュリティを重視したネットショッピングやインターネット上の決済では、この「セキュリティコード」の入力を求められるケースが増加してきています。

では、クレジットカードのセキュリティコードとは何なのでしょうか?

クレジットカードのセキュリティコードとは

セキュリティコードは、インターネットでの決済時に不正利用を防ぐための補足的なセキュリティ対策を行うための数字です。

セキュリティコードは、カード券面の裏側に記載されているため、クレジットカードを所持せずに不正なスキミングなどによって、入手したクレジットカード番号だけがあっても、インターネット上でのクレジットカード利用ができない仕組みになっているのです。スキミングをしても、磁気データにはセキュリティコードの情報が入っていないのです。

実際にインターネット上で買い物をするとき、セキュリティコードの入力を求められれば、カードを見て番号を入力する形になります。

まだまだ、個人レベルのネットショップでは、セキュリティコードの入力を導入していないショップも多いため、今後の普及が予想されます。利用者としては、多少面倒ですがセキュリティコードの入力を求めてくるショップや企業の方がセキュリティに対して気を使っていると考えてられます。

セキュリティコードは、実際どこに書いてあるのでしょうか?

一般的にキュリティコードはカード裏面のサインパネルに表示されている数字末尾3桁です。※アメリカンエキスプレス(アメックス)のみカード表面に表記されています。さらに4桁の数字なので注意が必要です。

三井住友VISAカードの場合

securitycode1

アメリカンエキスプレスの場合 ※表面右側中央4桁の数字

securitycode2

国際ブランド別のセキュリティコードの場所

VISA
裏面の数字末尾3桁がセキュリティコード

MasterCard
裏面の数字末尾3桁がセキュリティコード

JCB
裏面の数字末尾3桁がセキュリティコード

American Express(アメックス)
表面の数字4桁がセキュリティコード

Diners Club(ダイナース)
裏面の数字末尾3桁がセキュリティコード

クレジットカードのセキュリティコード, 2.0 out of 5 based on 1 rating