クレジットカードで利用できる空港ラウンジ

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

carrybag128_128クレジットカードの中でも、アメックスやダイナースが発行しているステイタスカードやゴールドカード、ぷらちんかーどを持っている場合に付帯されているサービスに「空港ラウンジ」サービスがあります。飛行機を使う方であれば、空港ラウンジのことに知っておいて損はありません。

クレジットカードで利用できる空港ラウンジとは

空港には必ずと言っていいほど、ラウンジが用意されています。ラウンジとは日本語で休憩所、待合室という意味があります。そのため、空港ラウンジとは空港に存在する待合室、休憩所のことを指すのです。

「そんなの空港ならどこでもあるじゃないか?」

と思う方もいると思いますが、クレジットカードで利用できる空港ラウンジは、誰でも利用できるラウンジとは違うサービスがあるのです。

空港ラウンジのサービス

サービス 内容
ドリンクバー ほとんどの空港ではドリンクバーが設置されており、ラウンジ内では無料で利用することが可能です。
リラックスできるソファ 快適なソファが用意されています。リラックスして待ち時間を過ごすことができます。
ビジネス用のデスク ビジネスマン、出張中の方用に仕事がしやすいデスクが用意されています。
インターネットLAN環境 インターネットには無料で接続できる環境が整っています。
電話・FAX 出張先から会社にFAXすることも可能です。
プリンタ 出張先のパソコンのデータを印刷することが可能です。
お菓子・スナック スナック菓子などが設置されており、ドリンクバーと同様に無料で利用できます。
ビール・アルコール飲料 有料と無料のところがありますが、アルコールも用意されているラウンジが多いです。
シャワールーム シャワールームは主要都市の空港ラウンジに設置されているケースがあり、別料金などで利用が可能です。
新聞・雑誌 新聞やあらゆる種類の雑誌が置いてあります。

上記のサービスは、空港によって、設置されているものとそうでないものがありますが、飛行機の発着が遅れていたり、ホテルでチェックアウトしてから時間が余っていたから早めに空港についてしまったり、出張中にメールの確認など仕事をしたかったり、する場合に活躍します。

人が混みあっている空港ロビーの固い椅子で時間をつぶすのに比べて、空港ラウンジは限られた方しかおらず、非常に優雅に待ち時間を過ごすことができるでしょう。

空港ラウンジと航空会社のラウンジは違う

残念ながら、航空会社のラウンジ(例えばANAラウンジ)とクレジットカードで利用できる空港ラウンジは間違えやすいのですが大きく別物です。

インテリアの豪華さやサービスのレベルは、あきらかに航空会社のラウンジの方がクレジットカードで使える空港ラウンジよりも良いのです。

なぜなら、航空会社のラウンジというのは、特定の航空会社で年間○○万円以上の利用があるお得意様を優遇するための設備です。数十万円以上の利用者が対象になるため、年会費数千円~数万円のクレジットカードの待遇とは異なってしまうのです。

間違えやすいので、間違えずに持っているクレジットカードで利用できるラウンジを見つけましょう。

クレジットカードの種類と空港ラウンジ付帯状況

クレジットカードの種類 空港ラウンジサービスの付帯状況
年会費無料クレジットカード ほとんどのカードで空港ラウンジサービスは利用できません。
一般カード 年会費によりますが多くのカードで空港ラウンジサービスは利用できません。
格安ゴールドカード 格安ゴールドカードでは中には空港ラウンジサービスが利用できるものもあります。
ゴールドカード ほとんどのゴールドカードでは、国内主要空港の空港ラウンジは利用可能です。ただし、ゴールドカードによって利用できる空港が違うケースがあるため注意が必要です。
プラチナカード ほとんどのプラチナカードで、国内主要空港の空港ラウンジが利用可能です。プラチナカードの場合、逆にプライオリティパスという世界600か国のラウンジが利用できるサービスがあるため、地方の国内空港利用ができないプラチナカードもあるため、注意が必要です。
ブラックカード ほぼすべてのブラックカーで空港ラウンジは利用可能です。

空港ラウンジを利用したいのであれば、ゴールドカード以上を目安に探すと良いでしょう。

クレジットカードで利用できる空港ラウンジ, 3.0 out of 5 based on 1 rating