クレジットカードの利用可能残高とは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

shoppingbag2128_128

クレジットカードの利用明細書やウェブ上の利用履歴画面には「利用可能残高」というものが記載されています。では、この「利用可能残高」とはどういうものなのでしょうか?

利用可能残高とは

そのクレジットカードに許可されている毎月ショッピング利用できる限度額から、その月に利用している金額を引いたものです。

利用可能残高 = 利用可能限度額 - 支払っていない利用金額

で計算されます。

例えば、ショッピング利用可能限度額が100万円のクレジットカードを持っていた場合に、その月に30万円の買い物をしていれば、残りは70万円になります。

「あと70万円なら、今月ショッピングをこのクレジットカードでしても大丈夫ですよ。」

ということになります。

例えば、ショッピング利用可能限度額が50万円のクレジットカードを持っていた場合に、その月に45万円の買い物をしていれば、残りは5万円になります。

「あと5万円なら、今月ショッピングをこのクレジットカードでしても大丈夫ですよ。」

ということになります。

これが利用可能残高です。

しかし、注意が必要なのは、「支払っていない利用金額」には前月の利用額でまだ引き落としがされていない金額があれば、それも含まれるということです。

例えば、ショッピング利用可能限度額が100万円のクレジットカードを持っていた場合に、3月に30万円、4月50万円使っていて、引き落とし日が4月15日だったと仮定した場合に、4月12日時点では、3月分も「支払っていない利用金額」なので、

100万円 – 30万円 – 40万円 = 30万円

利用可能残高は、30万円になるのです。

利用可能残高がゼロで、クレジットカードを使ったら・・どうなる?

利用可能残高がゼロの時に、うっかりクレジットカードで支払いをしてしまったら、どうなるのでしょうか?

単純に「このクレジットカードは利用できません。カード会社にお問い合わせください」 と言われるだけです。

特にペナルティも何もないので、「そうですか。」といって、違うクレジットカードを使うしかありません。また、引き落とし日がすぎて利用可能残高が増えるまで待つ必要があります。

ただ、希に光熱費の支払いやクレジットカードによっては、利用可能残高がゼロになっても、少額の決済ができる可能性があります。

利用可能残高は、使えば使うほど、増えていく?

利用可能残高というよりは、利用可能限度額は、クレジットカードを長く保有していたり、返済遅延なく継続的に利用しているとクレジットスコアが上がり、限度額が引き上げられていきます。そのため、利用可能残高もいつの間にか毎月の上限金額が増えていることもあるのです。

クレジットカードの利用可能残高とは, 2.0 out of 5 based on 1 rating