クレジットカードのポイント還元率

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (2 votes cast)

shoppingbag128_128

クレジットカードを利用するとクレジットカード会社ごとに設定されたポイントが貯まります。このポイントは、クレジットカードを使った買い物や支払いのほぼすべての金額に対して付与され、そのポイントで買い物ができたり、ギフト券などに変えることができるため、ポイント目当てにクレジットカードを持つ方が非常に多いのです。

クレジットカードを持ったことがない方でも、家電量販店などのポイントをイメージしてもらえれば、ポイントがほぼ現金と同価値であることが理解できるのではないでしょうか。

クレジットカードのポイント還元率とは

クレジットカード選びでは、ポイント還元率というものが重視されます。

ポイント還元率 = 戻ってくる金額 / クレジットカード支払額

で計算されます。

三井住友カードの場合

  • 1,000円の利用で1ポイントが付与されます。
  • 1,000ポイント貯まるとVISAギフトカード5,000円分と交換ができます。

※この情報はクレジットカード会社のポイントモールで調べられます。

つまり、現金1,000円で買い物をした場合にはギフトカード5円分の価値があるということになります。

ポイント還元率 = 5円 / 1,000円 = 0.5%

ということになります。

なぜ、このような計算をするのでしょうか?

ポイントの価値がポイントの種類によって、あまりにも違うからなのです。10ポイント貯めなければ1,000円に変えられないポイントと、1ポイントで1,000円に変えられるポイントが共存し、かつポイントという同じ言葉でくくられてしまいよくわからない。1ポイントの価値が違うのです。

クレジットカードをわかりやすく比較するために、実際に現金と同様の価値があるギフトカードなどに換金した場合の還元率で比較するのです。

ポイント還元率が高い = 戻ってきて現金に近い形で利用することができる金額が大きいということになります。

クレジットカードのポイント還元率の相場

ポイント還元率 0.3%未満 低ランク

今では、ポイント還元率が0.3%未満のクレジットカードは非常に少ない。年会費無料のクレジットカードであっても、0,3%以上になることがほとんどなので、よほど特別な特典がある、そのクレジットカードでないといけない場合を除いて、メインのカードは変更した方が良いでしょう。

ポイント還元率 0.5%前後 平均ランク

一番多い平均的なクレジットカードのポイント還元率。ただし、より還元率の高いクレジットカードは年会費無料でもあるため、メインカードとして利用しているのであれば、クレジットカードの見直しをしても良いだろう。

ポイント還元率 0.8%~1.2% 高ランク

ポイント還元率が1%前後のクレジットカードは、還元率の高いクレジットカードといっていいだろう。このレベルになると年会費が必要なクレジットカードも増えてきます。メインカードでこのレベルのクレジットカードを利用しているのであれば、ポイントのメリットを十分に利用していると言えるでしょう。

ポイント還元率 1.5%以上 最高ランク

ポイント還元率が1.5%以上のクレジットカードは、まぎれもなく最高ランクの高還元率カードと言って良いでしょう。ただし、このレベルになると年会費が優良なゴールドカードであったり、ポイントの利用先がグループ会社のみであったり、ある程度の制約がでてきます。自分が利用する機会の多いクレジットカードで、このレベルの高還元率カードがあればサブカードとして持っておいて損はないでしょう。

ポイント還元率が高いクレジットカード比較はこちら

クレジットカードのポイント還元率, 4.0 out of 5 based on 2 ratings