プロパーカードと提携カードの違い

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

building2128_128クレジットカードの情報を集めていると「プロパーカード」「提携カード」と言った言葉を耳にすることがあります。クレジットカード選びでは、重要な用語なので違いも含めて覚えておきましょう。

クレジットカードの種類は大きく2種類

クレジットカードを発行スタイルで分類すると大きく2種類の分けることができます。

1.プロパーカード

「プロパー」という言葉自体には、「正規の」という意味があります。「プロパー社員」と言えば、正社員のことを指すように、「プロパーカード」の場合は、クレジットカードの発行会社が単体で作った「正規の」クレジットカードという意味になります。

  • 三井住友カードが作った「三井住友VISAカード」
  • アメリカン・エクスプレスが作った「アメリカン・エクスプレス・カード」
  • ジェーシービーが作った「JCBカード」
  • 三菱UFJニコスが作った「MUFGカード」

など、会社名がそのままクレジットカード名になっていることが多いですが、これらをプロパーカードという呼び方をするのです。

2.提携カード

提携カードの「提携」は文字通り、企業提携、業務提携のことを意味します。つまり、クレジットカードの発行会社が、会員を保有している別事業の会社と提携して発行するクレジットカードのことを「提携カード」と呼ぶのです。

  • アメリカン・エクスプレスと全日空が作った「ANAアメリカン・エクスプレス・カード」
  • 三井住友カードと全日空とJRが作った「ANAVISAスイカ」
  • 価格.comとジャックスが作った「レックスカード」
  • Yahoo!japanとジェーシービーが作った「Yahoo!japanJCBカード」

など、会員組織を持っている企業とクレジットカードの発行会社が提携して作ったカードのことを提携カードと呼ぶのです。

プロパーカードと提携カードのメリットデメリット

プロパーカードの特徴

カード会社が単独で発行しているため、カード会社の収益が大きいクレジットカードになります。

収益が大きいことで

  • ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどがあり高品質なサービス提供が可能
  • 入会キャンペーンなどが手厚い
  • 旅行保険などの保障やコンシェルジュデスクなどのサービスに強み
  • ステータスはプロパーカードの方が高い

提携カードの特徴

カード会社と提携企業の両者の特典を利用できるメリットがある一方、収益はカード会社と提携企業で分けるため1社あたりの収益は減ってしまうので、ひとつひとつのサービスの質は低いことが多い。

提携カードのメリットは

  • 提携企業とカード会社の両者の特典やサービスが2重で受けられる
  • 提携企業で利用した場合のポイント優遇が大きい
  • ポイント還元率が高いクレジットカードが多い

などのメリットがあります。しかし、その分上位カードが充実していなかったり、ポイント還元率が高い反面、旅行保険などの補償やコンシェルジュデスクのサービスが脆弱、ステイタス性は薄まってしまう、などのデメリットがあります。

プロパーカードと提携カードのどちらを選ぶべき

選ぶべきクレジットカードは、クレジットカードを保有する目的によって異なります。また、一概にひとくくりにできないのですが、大まかにおすすめの方で分類するとこうなります。

プロパーカードがおすすめの方

  • ステイタス性を求めている方
  • ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードにグレードを上げていきたい方
  • コンシェルジュデスクなどのサービスを重視する方
  • 海外旅行での利用を考えている方
  • 有名ホテル、レストランでの優遇を重視する方

提携カードがおすすめの方

  • ポイント還元率の高いカードを求めている方
  • クレジットカード払いの場所が決まっている方(デパート、コンビニ、電車代、ETC・・・)
  • マイルを貯めたい方
  • 国内だけで利用する方
  • 年会費無料のクレジットカードを探している方

まとめ

自分が比較検討しているクレジットカードが提携カードかプロパーカードなのかがわかると、メリットデメリットも把握しやすくなるため、おすすめです。

プロパーカードと提携カードの違い, 4.0 out of 5 based on 1 rating