クレジットカードのポイント還元率計算方法

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

calculation128_128

クレジットカードのポイント還元率が需要であることは、他のページでも解説していますが、実際にどうやってポイント還元率というのは計算されているのでしょうか?内容を知らなければ、本当にお得なクレジットカードを比較検討することもできないため、ポイント還元率の計算方法を知っておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率計算方法

実際に計算してみましょう。

クレジットカードA社 ポイントプログラム「Aポイント」
クレジットカードB社 ポイントプログラム「Bポイント」
クレジットカードC社 ポイントプログラム「Cポイント」

クレジットカードA社 1,000円利用で20ポイントが付与されます。
クレジットカードB社 1,000円利用で10ポイントが付与されます。
クレジットカードC社 1,000円利用で5ポイントが付与されます。

「なるほど、これがポイント還元率か、クレジットカードA社を選ぶといいんだね。」

違います!

これは、ポイント付与率であって、ポイント還元率ではありません。

なぜなら、利用しているポイントプログラムによって、ポイントの価値は違うからなのです。

クレジットカードA社のAポイントは、1ポイント=0.1円の価値
クレジットカードB社のBポイントは、1ポイント=1.0円の価値
クレジットカードC社のCポイントは、1ポイント=2.5円の価値

だとしたら、どうなるでしょうか?

いくら多くのポイントがついたって、1ポイントあたりの価値が他のポイントの10分の1以下であれば、実際にお得にはなっていないのです。

そのため、ポイントの付与率と、1ポイントあたりの価値をかけたものがポイント還元率と呼ばれるものなのです。

つまり、

ポイント還元率 = ポイント付与率 × 1ポイントあたりの価値

クレジットカードA社

1,000円利用で20ポイントが付与されます。ポイント付与率2.0%
ポイント付与率2.0%×(1ポイント=0.1円の価値)=0.2%がポイント還元率

クレジットカードB社

1,000円利用で10ポイントが付与されます。ポイント付与率2.0%
ポイント付与率1.0%×(1ポイント=1.01円の価値)=1.0%がポイント還元率

クレジットカードC社

1,000円利用で5ポイントが付与されます。ポイント付与率2.0%
ポイント付与率0.5%×(1ポイント=2.5円の価値)=1.25%がポイント還元率

つまり、この場合、ポイントの付与率は低くても、1ポイントあたりの価値が高いポイントプログラムを採用しているクレジットカードC社が一番ポイント還元率が高いことになり、一番お得なクレジットカードということになるのです。

逆に、1000円で20ポイントも貯まるA社のクレジットカードですが、1ポイントあたりの価値が0.1円と低いため、ポイント還元率は0.2%と非常に低いダメなクレジットカードなのです。

ここで、もうひとつの問題が「1ポイントの価値」

1ポイントの価値は、どこに書いてあるのでしょうか?

ポイントプログラムのサイトに書いてあることもありますが、実際にはポイントプログラムのサイトは、ポイントと交換できるものが紹介されているサイトであるため、1ポイントの価値が書いてあるわけではないのです。

そのため、一般的にはポイント還元率を計算する際の「1ポイントの価値」は、現金、もしくはギフトカード、電子マネーなど現金に相当する価値のあるものと交換した時の交換レートで決定します。

クレジットカードA社のAポイントは、
10,000ポイントで1,000円分のQUOカードに交換できるため
1ポイント=0.1円の価値

クレジットカードB社のBポイントは、
5,000ポイントで5,000円分のVISAギフトカードに交換できるため
1ポイント=1.0円の価値

クレジットカードC社のCポイントは、
4,000ポイントで10,000円分の電子マネーに交換できるため
1ポイント=2.5円の価値

ということになります。

ポイント還元率でクレジットカードを比較する際の注意点

クレジットカードのポイント還元率を比較するときに、この「1ポイントの価値」をどの商品との交換で計算するかによって、ポイント還元率は変わってきてしまうのです。

一般的には、現金やギフトカード、電子マネーなどのお金に近いもので計算するのが主流なのですが、中には一番交換率の高い商品で計算してしまうため、ポイント還元率が引き上がってしまっているサイトもあるのです。

クレジットカードを比較する際は、同じサイト内でクレジットカードのポイント還元率を比較すると良いでしょう。複数のサイトをまたいで比較しても、ポイント還元率の計算方法が違っている場合、意味がない比較になってしまうからです。

 

クレジットカードのポイント還元率計算方法, 4.0 out of 5 based on 1 rating