クレジットカードの一括払い

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

shop2128_128

クレジットカードで買い物をした場合には、何種類かの支払い方法を選択できます。その中でも、一番利用されている支払い方法が「一括払い」なのです。ある程度はわかっているという方も、今一度クレジットカードの一括払いについて把握しておきましょう。

クレジットカードの一括払いとは

クレジットカードの一括払いは、文字通り、一括で支払う方法のことを言います。

例えば、10月10日に楽天カードで15万円の買い物をした場合に「一括払い」を選択すると

楽天カードの場合の支払いタイミング

  • 締め日    毎月月末
  • 引落日    翌月27日

であるため、10月31日に10月分の利用額が締められて、11月27日にクレジットカードに登録されている銀行口座から引き落とされることになります。つまり、この場合は、11月27日に15万円の金額が引き落としされるのです。

「あれっ、金利はかからないの?」

そうなのです。

クレジットカードの大きなメリットとして、上記の例の場合45日ほどクレジットカード会社が利用額を代わりに支払っている。貸している状態になっています。通常であれば、金利がつくのが当たり前なのですが、ほとんどのクレジットカードの場合、ショッピング利用時の一括払いには金利はつかないのです。

もちろん、手数料も必要ありません。

つまり、費用が全く必要なく、約30日~60日程度お金の支払いを遅らせることができるのです。

クレジットカードでの一括払いのメリットを現金払いと比較

お金の支払いが後にできる

上記で解説したように、クレジットカードで支払うと約30日~60日程度お金を支払うのを遅くできます。つまり、「今この商品が欲しいけれども、給料日まで後20日もある。」といった場合には、現金はないため買い物はできませんが、クレジットカードなら欲しい商品を手に入れることができるのです。

ちなみに、カードローンを利用した場合には、年率18%ほどの金利が必要になるため、1ヶ月分だとしても、1.5%もの金利が必要になってしまいます。クレジットカードでは一括払いに限りこの金利負担はゼロなのです。

ショッピング保険が適用される

現金で買い物をした場合に、その商品が盗難にあってしまったり、故障してしまった場合にクレジットカードで一括支払いをしているとショッピング保険がで起用されます。

故障であれば、家電量販店が保証してくれるかもしれませんが、盗難の場合や、購入したのが家電量販店ではなく、インターネットショッピングであった場合などは、保証はないケースがほとんどです。

しかし、ショッピング保険が付帯しているクレジットカードを利用すれば、こういった盗難や詐欺被害、紛失などの損害を補償してくれるのです。※クレジットカードのショッピング保険によって保証内容は違います。確認しましょう。

現金を持ち歩く必要がない

当たり前ですが、クレジットカードを持っていれば現金を持ち歩く必要がありません。

現金を持ち歩く必要がないと何がいいかというと

  • 紛失しても、クレジットカードなら利用停止をすればお金はなくならない
  • 盗難されても、クレジットカードなら利用停止や保険で補償を受けることができる
  • 現金を引き出すためのATM手数料を支払わないで済む
  • 財布がパンパンにならない

など、意外と現金で持ち歩くことのデメリットというのが多いのです。

ポイントが貯まる

クレジットカードでショッピングを一括払いですれば、金利も手数料もゼロなのに、ポイントが付きます。クレジットカードによっては商品購入額の2%分がお得になるものもあるぐらいなので、すべての商品を2%引きで購入できるのと同じお得度なのです。

現金だと通常価格、クレジットカードだと1%~2%引きと考えたら、クレジットカードを利用しない手はないのです。

クレジットカードの一括払い, 2.0 out of 5 based on 1 rating