クレジットカードの暗証番号

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードアイコン

クレジットカードの発行には、4桁の暗証番号が必要になります。銀行キャッシュカードであれば馴染みの深い暗証番号ですが、実はクレジットカードも「サイン」よりは「暗証番号」が主流になっていくと考えられているのです。

サインよりも暗証番号を利用するショップが増えてきている

今までは、サインをしてクレジットカードの本人確認をするのが加盟店の役割とされてきましたが、今ではサインをするということをしていない加盟店が非常に増えてしまったのです。これはサインにかかる時間や偽造のしやすさなど、手間や正確性が心もとないと思われているからです。

コンビニなど小規模なショップではサインも暗証番号も必要のない加盟店が多いのですが、それでもクレジットカードの詐欺が多い、高級店ではサインよりも暗証番号を入力してもらうケースが増えてきているのです。

暗証番号の取り扱いには注意が必要

暗証番号は、銀行のキャッシュカードと同じように非常に重要な意味を持ちます。今はまだ登場機会の少ないクレジットカードの暗証番号ですが、そのうちほとんどの加盟店では暗証番号による本人認証が主流になってきます。そうなれば、クレジットカードだけを紛失しても損害は少ないかもしれませんが、暗証番号も同時に知られてしまっては、多大な損害を被ることにもなりかねません。

また、クレジットカードに盗難保険が付帯してあっても、クレジットカードの裏面に忘れやすいからと暗証番号を記載してしまっていては、保険自体が無効になってしまうこともあるのです。

自分では覚えやすく、第三者からは想定しにくい暗証番号の設定が必要なのです。誕生日など財布に入れている他の情報から推測しやすい暗証番号は辞めた方が良いのです。

クレジットカードの暗証番号, 2.0 out of 5 based on 1 rating