年会費以外に必要なクレジットカード保有コスト

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

car3128_128

クレジットカードを持つと必要になるコストというのは、年会費やリボ払い、分割払いなどの手数料などです。しかし、他にも少額ではありますが負担している隠れたコストというのが存在するのです。

クレジットカード保有に関するすべてのコストを把握した上で、賢くクレジットカードを利用するのがおすすめです。

電話代がかかる

クレジットカードを利用した時に、コールセンターやデスクに電話をする機会が増えてきます。逆にクレジットカードを使いこなすためには、どんどん電話しながらコールセンターやデスクを使いこなさなければならないのですが、この電話代が有料のクレジットカードが増えてきています。

背景としては、年会費無料クレジットカードが増加してしまい、かつ貸金業法の改正でキャッシング利用時の手数料収入が落ち込んでいるクレジットカード会社が少しでもコストを削減しようと、電話代を会員負担に切り替えるところが徐々に増えてきているのです。

あくまでも、年会費無料のクレジットカードのでこの制度を採用しているケースが多いのですが、電話代も1回100円で月一回電話をしていたとしたら、1200円もかかってしまいます。これでは年会費無料のクレジットカードを使っている意味って・・・。となってしまいます。

年会費無料カードであっても、このように電話代という隠れた費用がかかってくる可能性があるのです。

インターネットの接続費用がかかる

今でこそ、スマフォユーザーが増えてきているため、パケ放題、接続し放題の料金プランで利用している方が多いと思いますが、クレジットカードの利用明細などの管理はインターネットで行うことが当たり前になってきました。ポイント交換、ポイント付与、利用明細の確認などなどインターネット上で行うということは、接続コストがかかっているのです。

自宅のインターネットや携帯のプランが、従量課金制のプランを採用している方はこのコストもかかってくることを想定しておくべきなのです。

年会費無料のクレジットカードほど、見えないコストがかる傾向に

インターネットでの利用明細確認や、コールセンターへの電話料金有料なども、年会費永年無料のクレジットカードが主になっています。それだけ年会費無料でクレジットカードを発行するのは、クレジットカード会社の負担が多いということなのです。

利用する側としては、年会費無料でも少なからずコストがかかっていることを認識した上で、それでも年会費無料のクレジットカードが良いのか、多少、年会費出してもメリットが大きい方が良いと判断するのかは検討する必要があるでしょう。

無料の方がいいにきまっていると決め付けて、クレジットカードを選ぶのはあまりおすすめできません。少なからずコストが発生するので、コストとメリットのバランスで選ぶべきなのです。

年会費以外に必要なクレジットカード保有コスト, 3.0 out of 5 based on 1 rating