クレジットカードの利用限度額とは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

up128_128

クレジットカードには、カードごとに利用限度額というものが設定されています。この利用限度額とは文字通りクレジットカードを利用できる金額の上限金額ということになるのですが、クレジットカードを上手に使いこなすためには、この利用限度額への理解も不可欠ですので、詳しく解説していきます。

クレジットカードの利用限度額とは

クレジットカードでショッピング利用時に支払いができる金額の上限金額のことです。

利用限度額が30万円のクレジットカードであれば、30万円までの買い物がクレジットカードによって可能なのです。

利用限度額が100万円のクレジットカードであれば、100万円までの買い物がクレジットカードによって可能なのです。

口座引き落としによって、買い物をした金額が引き落とされた場合、その金額分は回復するので、また利用限度額まで使うことが可能になります。

利用限度額が30万円のクレジットカードで、前月30万円の買い物をしたが今月口座から30万円が引き落とされていたら、再度30万円までの買い物がクレジットカードによって可能になるのです。

クレジットカードの利用限度額は、大きければ大きいほど、高額な買い物をクレジットカードですることができます。そのため、高額な買い物をする人がターゲットのゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどは、この利用限度額が数百万~制限なしという形に大きくなっているのです。

高額な買い物をする方であれば、ゴールドカードやプラチナカードがおすすめなのです。

クレジットカードの利用限度額はカードごとに、利用者ごとに違う

1.クレジットカードの利用限度額は、クレジットカードごとに違います。

さらに

2.クレジットカードの利用限度額は、利用する人ごとに違うのです。

正確に言えば、利用する方の信用度によって個別に設定されるものなのです。

クレジットカードとは、クレジットカード会社が支払いを一定期間信用によって立て替えてくれるサービスなので、利用限度額を高くしてしてまうと返済してくれなければクレジットカード会社は大きな損失を被ることになってしまいます。

そのため、利用限度額は信用できる人かどうか?の信用度によって違ってくるのです。

信用度は、年収や勤続年数などのクレジットカード審査で審査される項目と、後は自社のクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)によって決まってきます。

そのため、返済遅延なしに継続的に対象のクレジットカードを使っていると利用限度額は

10万円→30万円→50万円→100万円

と上がっていくのです。毎月の利用額がほとんどなくても、長いあいだ保持しているだけで利用限度額は上がって行きます。毎月の利用額が多ければ利用限度額の上昇スピードはさらに大きくなるのです。

クレジットカードごとに利用限度額の幅が設定されている。

使い続ければ、無制限に利用限度額が上がっていくのか?というとそうではありません。クレジットカードごとに利用限度額の幅が設定されているため、どんなに属性がよくて、長いあいだ数千万の利用をしていたとしても、そのクレジットカードの利用限度額の上限に達していた場合、利用限度額が上昇することはないのです。

クレジットカードごとの利用限度額の設定幅の一例

年会費無料クレジットカード 利用限度額10万円~50万円

年会費無料のクレジットカードは、審査が通りやすいこともあり、信用度は低く、作った当初の利用限度額は、10万円~30万円のケースが多い。利用していけば、50万から、最大100万円ほどまで利用限度額が上昇する可能性があります。

年会費有料一般カード 利用限度額10万円~50万円

年会費が有料の一般カードであっても、年会費無料のクレジットカードを大きくは変わらない。

低年会費ゴールドカード 利用限度額10万円~100万円

低年会費のゴールドカードは、審査も通りやすく一般カードよりは信用度が高いものの、ゴールドカードが珍しくない今ではあまり利用限度額は変わらない。最大が100万円ほどに増えるぐらいです。

ゴールドカード 利用限度額30万円~300万円

年会費が5,000円を超えるゴールドカードになってくると、審査もある程度の年収や勤続年数も求められ、審査が厳格化してきます。そのため、信用度も高くなり、発行当初の利用限度額も50万円、100万円からスタートというゴールドカードも珍しくありません。使い続けていれば300万円ぐらいまでは利用限度額が上昇します。

プラチナカード 利用限度額100万円~1000万円

年会費が数万円レベルになるプラチナカードの場合、利用限度額の上限も一気に1,000万円レベルまで引き上がります。一律の利用限度額に制限なしというプラチナカードも多くなっていますが、これも知らされないだけで利用限度額自体は設定されています。

ブラックカード 利用限度額500万円~

ブラックカードであれば、数千万、1億単位での利用限度額も存在すると言われています。

クレジットカード会社に電話をすると一時的に利用限度額を上げることが可能

「来月、150万円の新車を買いたいんだけど、大きな買い物なので現金は持ち歩きたくないし、クレジットカードで支払ってポイントも貯めたい。だけど、自分の利用限度額は50万円しかない。」

という場合には、一時的に利用限度額をあげられる可能性があります。

クレジットカード会社のコールセンターに電話をして、「一時的に利用限度額を引き上げて欲しい」という旨を伝えましょう。理由を聞かれて、クレジットカード会社で審査が行われますが、一時的な利用限度額アップはそこまで難しくなく、審査が通る可能性が高いのです。

恒久的な利用限度額アップも、クレジットカード会社のコールセンターへ依頼することはできますが、一時的なアップよりは審査が厳しくなります。


キャッシング利用時の利用限度額はショッピング利用時の利用限度額とは別に設定されるため注意しましょう。金額も違います。

クレジットカードの利用限度額とは, 4.0 out of 5 based on 1 rating