クレジットカードの発行手数料

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

クレジットカードアイコン

クレジットカードを発行する際に手数料はかかるのでしょうか?クレジットカード以外のカードを発行した際に発行手数料が必要なものも多いため、クレジットカードを発行する際に発行手数料が必要だと勘違いされている方も多いようです。

クレジットカードの発行手数料はかからない

ほとんどのクレジットカードでは発行手数料は発生しません。年会費永年無料のクレジットカードであっても、年会費が1万円以上のステイタスカードであっても、同様です。

クレジットカード以外の他の種類の○○カードを作る際には発行手数料が必要なカードも多いのですが、そもそも、カードの発行手数料というのは、カードを1枚作るための原価が数百円かかることからその分を発行時に利用者に負担してもらうための手数料であり、クレジットカードで発行手数料をとってもおかしくはないのだが、クレジットカードの場合、クレジットカード会社の収益はあくまでも利用額を増やすことによって加盟店から得られる手数料であるため、まずは使ってもらわないと意味がないのです。

そのため、クレジットカードを作るハードルを上げてしまう発行手数料は今ではほとんどのクレジットカードで採用されていないのです。

一部、発行手数料が発生するケースもある

家族カード

家族カードは、親カードであるクレジットカード会員の家族に対して発行されるクレジットカードです。これも、クレジットカードを使ってもらうことが重要であるため、発行手数料がかかることはほとんどでありません。

ETCカード

ETCカードの場合、一部のクレジットカードで発行手数料が数百円必要になるケースがあります。ETCカードはいくら使ってもらっても加盟店手数料が急増するわけではないため、カードの発行にかかるコストを利用者に負担してもらう制度を採用しているクレジットカード会社がいくつかあるのです。

電子マネーカード

電子マネー内蔵のクレジットカードであれば発行手数料は必要ないが、電子マネーカードを追加カードとして申し込む場合に発行手数料が必要なケースがあります。これは電子マネー内蔵のカードは原価が高くなるからです。

クレジットカードの再発行

クレジットカードを紛失して、再発行しなければならない場合は、再発行のための手数料が必要になるケースがあります。

クレジットカード選びで発行手数料は重視しない

もちろん、クレジットカードを選ぶ際に発行手数料があるクレジットカードよりは、ないクレジットカードの方がお得ですし、現在は発行手数料が発生するクレジットカードを探す方が難しい状況です。しかし、ETCカードや電子マネーカードなどでは発行手数料がかかるケースがあります。

ただし、この発行手数料は発行時に一度だけ必要な手数料であり、数百円単位のものです。発行手数料を気にするよりは、毎年支払う年会費や得られるポイントのメリットの方が数倍重要なのです。

つまり、クレジットカード選びにおいては発行手数料のことはあまり気にする必要はないのです。

クレジットカードの発行手数料, 3.0 out of 5 based on 1 rating