クレジットカードの追加カード「ETCカード」とは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

car2128_128ETCカードを作ろうとした場合に、ほとんどの人は、クレジットカードの追加カードとして「ETCカード」を発行します。クレジットカードがないETCカードもありますが、高速料金をETCカードで支払ったとしても、支払い機能がないため、はじめにデポジットでお金を預けなければならない手間などデメリットが多いのです。

ETCカードとは

高速道路の料金支払いを自動でできる仕組みのことです。ETC車載器を車に取り付けて、そこにETCカードを挿入することによって、車載器が無線によって料金所と通信をして、料金の支払いをします。

ETCカードのメリットは

  • 料金所で小銭を用意する手間がなくなる
  • すいているETC専用レーンから通過できるため時間の短縮ができる
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • ETC利用者に高速料金の割引がある

という多くのメリットがあります。

ETCカードは、クレジットカードが必要

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されます。つまり、まずETCカードの追加カードがあるクレジットカードに申込んだうえで、さらに追加カードとしてのETCカードを申込むことになります。

ほとんどのクレジットカードで追加カードとしてのETCカード発行は可能です。ただし、年会費がかかるものもあるため、ETCカード選びも十分に費用を比較する必要があります。

また、クレジットカードとETCカードが一体型のクレジットカードもありますが、車内に置き忘れてしまうリスクが高いため、あまりおすすめできるものではありません。クレジット機能があるカードを車内に置き忘れてしまうと盗難にあうなどのリスクもあるのです。

ETCカードのおすすめの選び方

1.年会費永年無料のクレジットカードを絞り込む

基本的にはETCカードは、メインカードとしてのクレジットカードは別物として考えると良いでしょう。そのため、無駄なコストを使う必要がないため、年会費が永年無料のクレジットカードを選べば良いのです。

2.ETCカードも、年会費無料、発行手数料無料のクレジットカードを絞り込む

ETCカード自体でも、年会費や発行手数料がかかることがあるのです。そのため、ETCカードの年会費や発行手数料もチェックする必要があります。

例えば、楽天カードは、年会費永年無料のクレジットカードですが、ETCカードは年会費が525円かかるので、ETC利用には向かないクレジットカードと言えます。

3.絞り込んだクレジットカードの中から、ポイント還元率の高いものを探す

本体のクレジットカードも、ETCカードも、年会費が無料のクレジットカードが見つかったら、その中で比較検討しましょう。ポイント還元率が高ければ、高速利用でも付帯されるポイントが多くなるため、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

完全年会費無料のETCカードはこちら

クレジット機能ないETCカードもあります

クレジットカードは絶対作りたくない。という方には、クレジット機能がないETCカードもあります。しかし、あまりおすすめできるものではありません。

これはETCパーソナルカードというもので、高速道路会社6社が共同で発行しているETCカードです。クレジットカードと違って支払い機能がないため、毎月の利用額の10倍ほどの金額をデポジットで入金しておく必要があります。また、年会費も1200円と高い金額になっているのです。

クレジットカードは作りたくないという方でも、ETCカードのためにクレジットカードを作って、どこかにしまっておいてETCカードの支払い以外には使わなければ良いのです。完全に無料のものがあり、手間もないクレジットカードのETCカードの方が断然便利なのです。

クレジットカードの追加カード「ETCカード」とは, 3.0 out of 5 based on 1 rating