クレジットカードのキャッシングとは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

money128_128クレジットカードと言えば、大抵の人が思い浮かべるのは「買い物のときにクレジットカードを提示して利用金額は次の月に銀行口座から引き落とされるもの」ではないでしょうか?この機能をショッピング機能と言いますが、クレジットカードにはショッピング機能とは別にキャッシング機能も付帯されているのです。

クレジットカードのキャッシング機能

キャッシングと言うのは

カードを使ってお金を借りること
クレジットカードでお金を借りることができるサービスのこと

を意味します。

クレジットカードのキャッシングの場合は、コンビニATMなどにクレジットカードを挿入し、キャッシングを選択したうえで暗証番号を入力すれば現金を引き出してお金を借りることができるのです。

これがキャッシングです。

例えば

給料日まで3日あるけど、3日分の食費がない・・・

という場合にはクレジットカードのショッピング機能を使ってスーパーで買物すれば引き落とされるのは翌月なので問題を回避できます。

しかし

給料日まで3日あるけど、今月の車のローン返済のお金がない・・・

という場合にはクレジットカードのショッピング機能ではローンの返済ができるわけではないため、ATMでクレジットカードを挿入し、キャッシングをすることで現金を手にします。このお金をローン返済に充てるということができるのです。

クレジットカードのキャッシングで覚えておくべきこと

1.キャッシングができるのはキャッシングの限度額まで

クレジットカードの限度額と言うとショッピング限度額を思い浮かべる方が多いと思いますが、キャッシング機能にも、別の限度額が設定されています。

つまり、ATMからお金を引き出せる限度額です。

一般的にショッピング限度額よりも、キャッシング限度額の方が低く設定されているクレジットカードが多いです。また、キャッシング限度額が0円、つまり使えないクレジットカードも存在するので自分のクレジットカードがキャッシング機能が使えるのか確認しておくことをおすすめします。

2.キャッシングには利息(金利)が発生する

キャッシングはクレジットカードでお金を借りることができるサービスです。

お金を借りるということは、ローンの一種なので利息が発生するのです。

キャッシングの利息は、キャッシング手数料という名前になっていることが多く、わかりにくいのですが年率10%~18%ほどの金利が設定されていて、クレジットカードによって設定されている金利は異なります。

年率12%のクレジットカードの場合は、月の利息は1%なので

10万円借りたら、1000円の利息が発生する計算になります。

まとめ

クレジットカードのキャッシングは賢く利用すれば便利な機能ですが、何も知らずに使っていると、返済が追い付かないということにもなりかねないため、正しい知識を把握することをおすすめします。

クレジットカードのキャッシングとは, 3.0 out of 5 based on 1 rating