クレジットカードのキャッシング枠の審査

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

money2128_128

クレジットカードのキャッシング利用は非常に便利にお金を借りられるサービスですが、お金を借りるという機能があるためにショッピング枠の設定以上に審査が厳しくなるのです。ここではクレジットカードのキャッシング枠の審査について解説します。

ショッピング枠よりも、キャッシング枠の方がクレジットカード審査は厳しい

なぜ、キャッシング枠の方が審査が厳しいかと言うと、「貸し倒れ率」が高いからです。つまりクレジットカード会社がお金を貸したけど、返済されない可能性が高くなってしまうからなのです。

ショッピングで買物をする場合には、高い買い物をしても、10万円程度で金額も小さく、かつ引き落としができない分は買わないというのが通常なので、クレジットカード会社から見た貸し倒れリスクは低いのです。

しかし、現金で貸すとなると、そのお金で他のカードローンなどの返済をしてしまったり、医療費や学費などまとまったお金に使ってしまうことが多く、金額も高くなりますし、クレジットカード会社から見た貸し倒れリスクが高くなってしまうのです。

クレジットカードの審査だけのことを考えれば、キャッシング枠は希望しないで0円にしておいた方が審査は通りやすいのです。

キャッシング枠の審査で重要視されるポイント

他社からの借入件数、借入総額

一番重要視されるのは、他の会社からの借入が何件あるのか?いくらあるのか?です。

他社からの借入と言うのは、カードローンなどの無担保ローンのことを指しており、担保がある住宅ローンや自動車ローンは含まれません。

他社の借入が全くない人は、クレジットカードのキャッシング枠を希望しても審査に通る可能性は高く、一方、カードローン2社100万円、クレジットカード1社50万円というような他社借入がある人は、キャッシング枠を希望しても審査に通る可能性は著しく低くなってしまうのです。

基本的には貸金業法にある総量規制という法律には、「年収の3分の1以上を貸してはいけない」ということになっています。

つまり、年収300万円の人の場合は、借入全部で90万円が限度ということになります。当然、それに近い金額80万円、70万円を借りている場合は審査も厳しくなってしまうのです。

過去の返済履歴

クレジットカード会社は、消費者金融や銀行、他のクレジットカード会社などの返済履歴を個人信用情報という形で確認することができます。

クレジットカードを申込んだ時点で、その人が現在借りている金額や、借りているローンの会社名はもちろんのこと、直近2年間の返済履歴も知ることができるのです。

返済遅延が多い方、返済遅延の遅延した期間が長い方、債務整理や自己破産をしている方、などはこの時点で審査に通る可能性は低くなってしまうのです。

年収と勤続年数、企業規模

キャッシングはお金を借りるサービスなので、年収も重要になります。また、同時に年収の多い少ないだけではなく、どれだけ安定した年収があるのか?が重要視されます。

  • 年収が多い → 審査通過の可能性が高い
  • 年収が少ない → 審査通過の可能性が低い
  • 勤続年数が長い → 審査通過の可能性が高い
  • 勤続年数が短い → 審査通過の可能性が低い
  • 大手企業 → 審査通過の可能性が高い
  • 中小企業 → 審査通過の可能性が低い

という形になっています。

目安といては、年収の20%までの借入(すべての借入の総額)であれば審査通過の可能性は高くなります。

勤続年数は、3年以上であれば合格ラインと言われています。ただし、最近は徐々に勤続年数の評価も短くなっており、1年以上でも十分に審査は通る可能性があります。一方、働いてから半年以内の方は審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

どうしてもキャッシングサービスが利用したい場合は

クレジットカードの審査に落ちてしまったけれども、どうしてもキャッシングサービスを利用したいという場合は、カードローンを検討することをおすすめします。

そもそも、クレジットカードのキャッシングサービスは、クレジットカードのメインの機能ではないのです。そのため、審査も厳しくなってしまいがちなので、お金を借りるキャッシングに特化したカードローンを選ぶことの方が審査通過の可能性が高くなるのです。

おすすめのカードローン比較はこちら

クレジットカードのキャッシング枠の審査, 4.0 out of 5 based on 1 rating