クレジットカードのキャッシング手数料とは

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

money3128_128クレジットカードでキャッシングをする場合にはキャッシング手数料が発生します。

クレジットカードのキャッシング手数料

クレジットカードのキャッシング機能を使うとキャッシング手数料が発生します。

キャッシング手数料というのは簡単に言えば「利息」です。

キャッシング自体がお金を借りるサービスなので、利息が発生するのです。

クレジットカード会社は、消費者金融のキャッシングやカードローンと混同されないように「利息」ではなくて「キャッシング手数料」という呼び方をしているのです。

しかし、クレジットカードのキャッシングは、消費者金融のキャッシングやカードローンとほぼ同じサービスと考えらます。

クレジットカードのキャッシング手数料の例

キャッシング手数料の金利というのはクレジットカードによって違います。

例えば

キャッシングの金利:年率12% のクレジットカードを使って10万円の借入をした場合には

次月に銀行口座から引き落とされる金額は

  • 利息:10万円 × 年率12% ÷ 12か月 = 1000円
  • 元本:10万円

なので、10万1000円が銀行口座から引き落とされることになるのです。

キャッシングの金利:年率18% のクレジットカードを使って10万円の借入をした場合には

次月に銀行口座から引き落とされる金額は

  • 利息:10万円 × 年率18% ÷ 12か月 = 1500円
  • 元本:10万円

なので、10万1500円が銀行口座から引き落とされることになるのです。

キャッシングは分割払いも可能

キャッシングでお金を借りたとしても、返済を分割払いにする借り方が可能です。

リボ払いと言います。

10万円を年率12%で借りて毎月1万円ずつ返済する場合には

13か月で完済し、約8473円の利息が発生します。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 10,000 8,800 1,200 111,200
2 10,000 8,888 1,112 102,312
3 10,000 8,977 1,023 93,335
4 10,000 9,067 933 84,268
5 10,000 9,158 842 75,110
6 10,000 9,249 751 65,861
7 10,000 9,342 658 56,519
8 10,000 9,435 565 47,084
9 10,000 9,530 470 37,554
10 10,000 9,625 375 27,929
11 10,000 9,721 279 18,208
12 10,000 9,818 182 8,390
13 8,473 8,390 83 0
累計 128,473 120,000 8,473 0

キャッシングの金利は最大18%

キャッシングで設定される金利は年率18%が最大です。これは貸金業法という法律で上限金利が規定されているためです。

まとめ

キャッシング利用を前提にクレジットカードを比較検討する場合には、キャッシング金利も確認の上、金利が低金利に設定されているクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング手数料とは, 3.0 out of 5 based on 1 rating