クレジットカードの解約

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

クレジットカード解約アイコン

クレジットカードの解約はどうすれば良いのだろうか?しかし、各クレジットカード会社のウェブサイトには、全くと言っていいほど「解約の方法」についての記載はほとんどない。意外に簡単なクレジットカードの解約について解説します。

クレジットカードの解約を検討するタイミング

  • 初年度年会費無料などの優遇期間が終わったから
  • 利用してみて、意外と年会費分の特典の利用をしなかったから
  • 他のクレジットカードへ切り替えるから
  • クレジットカードを複数枚所有するとローンの審査に通りにくくなるから

というものが考えられます。特に多いのは、初年度年会費無料や入会○○ポイントキャンペーンなどの特典が終わったことで、他のクレジットカードの特典に切り替えたいという方ではないでしょうか。

そんなときには、きっちり解約しておかなければ無駄に年会費がかかってしまう可能性もあります。面倒がらずに解約を実行しましょう。

クレジットカードの解約方法

コールセンターに電話して「解約」を申し出る

これだけです。

「○○カードの解約をお願いします。」とコールセンターの担当者に伝えれば、それで解約手続きは完了します。この時に「解約理由」を聞かれることもありますが、無理な引き止めなどはないので、安心して答えましょう。一部ゴールドカードやプラチナカード、ステイタスカードで、かつ利用額の大きい優良会員の場合、「年会費を下げるので、ポイント付与率を倍にするので、利用し続けてもらえませんか?」というような提案を受けることもあります。ただし、これは本当に年間数百万円を使う優良顧客のケースなので、一般的には気にする必用はありません。

「解約」が完了したら、保有しているクレジットカードを使えない状態で破棄する

「解約」が完了したら、クレジットカードに丁寧にハサミを入れて、破棄しましょう。磁気の部分だけでなく、ICチップにもハサミを入れることが重要です。

クレジットカード解約の注意点

最低でも半年間は保有する

クレジットカードで申込、カード発行からあまりにもすぐに(数日~1ヶ月)に解約を申し出てしまうと「キャンペーン狙いの顧客」ということでマークされ、同じカード会社での次のクレジットカード審査時にマイナスになってしまうことがあるのです。

カード会社にとっても、キャンペーンのポイントやキャッシュバックだけを目当てに全く利用しない顧客は、損失でしかないのです。

ただし、半年以上保有していれば、解約を申し出ても大丈夫です。初年度年会費無料のクレジットカードを1年で解約しても、何の問題もありません。

キャンペーンのポイントやキャッシュバック狙いの方も、半年以上経ってから解約を実行する必要があるのです。

クレジットカードの解約, 4.0 out of 5 based on 1 rating