クレジットカードが作れる年齢

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

クレジットカード利用明細アイコン

クレジットカードを作れる年齢は一体何歳なのでしょうか?

一般的なクレジットカードの発行可能年齢は

18歳~65歳に設定されているクレジットカードが多いです。18歳以上で65歳未満の年齢であればクレジットカードは作れると考えて良いでしょう。

18歳でも高校生はクレジットカードは作れない

日本では高校生の場合、18歳になっていてもクレジットカードは作れません。定時制の高校では、ケースバイケースで発行が認められることもあるようです。クレジットカード会社に確認してみましょう。

大学生や専門学生は、学生OKのクレジットカードだけ

大学生や専門学生などは、18歳を超えていればクレジットカードを持つことが可能です。ただし、学生不可というクレジットカードもあるため、申し込み条件を確認する必要があります。

ただし、一般的なクレジットカードの場合、収入がゼロだと審査に通らないケースもがあるため、その場合は学生専用のクレジットカード「学生カード」に申し込むと良いでしょう。

20歳未満の方がクレジットカードを発行する場合は、親権者の同意が必要になります。

20歳以上の社会人はほとんどのクレジットカードに申込可能

20歳以上の社会人であれば、ゴールドカード、プラチナカード、ステイタスカードなどのハイスペックなクレジットカードを除けばほとんどのクレジットカードに申し込むことが可能です。

20歳~30歳で作れるゴールドカード、プラチナカード

ゴールドカードやプラチナカードは、カードによって発行可能年齢が変わってきます。20歳以上で作れるゴールドカードもあれば、25歳以上で作れるゴールドカード、30歳以上でしか作れないゴールドカードなど、カードによって発行可能年齢は違っています。

ゴールドカードやプラチナカードは、以前は申し込むものではなく、一般カードを利用しているとインビテーション(招待状)が送られてきて、グレードが上がるというものでしたが、最近ではいきなり申込ができるゴールドカード、プラチナカードも増えてきているので、申し込む前に発行可能年齢を確認すると良いでしょう。

ゴールドカードやプラチナカードの発行条件では、最低限の年収があることが条件になっています。年収の条件はカードによって違い、200万円程度で作れるものから500万円以上必要なものまで、様々です。

60歳以上になると途端に審査が厳しくなるクレジットカード

60歳以上になると働ける期間が短くなってしまうこと、また収入も減ることが予測されると同時に、キャッシング利用、ショッピング利用をした場合に未回収になってしまうリスクが増えることから、クレジットカード会社も発行には慎重になるのです。

クレジットカードが作れる年齢, 3.0 out of 5 based on 1 rating