クレジットカードの多重申込、複数申込には注意が必要

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

審査クレジットカードを短期間に何枚も申込むことを多重申込、複数申込と言います。この多重申込、複数申込をしてしまうと、クレジットカード審査には通らなくなってしまう可能性が高いのです。

クレジットカード審査で多重申込、複数申込がダメな理由

何枚もクレジットカードを短期間に申込むということは何を意味するのかというと

  • 「お金に困っていて、複数のクレジットカードを作らないと生活できない」
  • 「クレジットカード現金化を利用しようとしている」
  • 「キャンペーン目的で、すぐ解約するために申込んでいる」

というようにクレジットカード会社は考えるのです。

  • お金が困っていれば → 貸し倒れリスクが高くなります
  • クレジットカード現金化 → 規約違反です
  • キャンペーン目的の短期申込 → 損失でしかない、利益にならない

のです。確かにこれではクレジットカード会社も審査に通したくないと考えるのが当然だと言えます。

短期間って、どのくらいの期間?何枚までならいいの?

そもそも、クレジットカード会社は、「いつ他のクレジットカードに申込んだのか」がなぜわかるのでしょうか?ライバル会社が情報を渡すわけではありません。

これは、クレジットカード会社などが共同で作っている情報機関で「個人信用情報」というものが共有されているからです。

クレジットカード会社は申込があると担当者がこの情報機関に情報をインプットします。これで情報機関に加盟しているカードローン会社、クレジットカード会社、信販会社、銀行、消費者金融・・・などが情報を見ることができるようになります。

多くのクレジットカード審査ではこの「個人信用情報」を重要な審査情報として利用しているのです。

つまり、誰でもクレジットカードを申込んだ瞬間に、ほぼすべての金融機関に申込んだ事実の情報が共有されているのです。これは申込情報だけでなく、返済の情報や契約の内容、借入額なども共有されるものです。

情報機関が保有する申込んだ事実の情報「申込情報」には情報の保有期限が設定されており、申込み日から半年間となっています。

つまり、申込んだ情報だけなら、半年経てばクレジットカード会社は把握できなくなるのです。

そのため、目安としては半年間の間に4つ以上のクレジットカードの申込をしない。最大3つまでの申込みにとどめる。

と考えるのが良いでしょう。

ただし、この基準というのも、クレジットカード会社によって異なります。高年収でクレジットヒストリーが良い人であれば上記以上の申込みでも問題視されない可能性も高いですし、逆に過去に返済遅延などをしている方であれば、3枚申し込んだ時点で問題視されてしまう可能性もあるのです。

同じクレジットカード会社の情報は消えない

上記で紹介した「半年で情報が消える」というのは、情報機関が保有している「個人信用情報」の申込情報についてのことを言っています。クレジットカード会社が自社の申込者の情報を管理している分には、情報保有期限というのはなく、半永久的に情報は保有されてしまいます。

例えば、三井住友カードが発行する複数のクレジットカードを短期間に3枚申し込んだ場合に、この情報は半年たっても消えるわけではなく、ここで問題視されてしまえば、同じ三井住友カードのクレジットカード審査には通らなくなってしまう可能性が高いのです。ただし、この場合はその情報を把握できているのは「三井住友カード」のみ、もしくは「三井住友カード」のグループ会社のみであるため、別会社のクレジットカードを申込む場合には影響はないと言えるでしょう。

まとめ

上記のように、キャンペーンが手厚いからいっぱい申込みたい、高額な買い物をしたいからクレジットカードを複数持ちたい、という場合でも、やみくもに何枚も申込んで良いものではないことを知ることが重要です。

クレジットカードの申込は半年間に3枚まで

と覚えておくと良いでしょう。キャンペーン狙いでクレジットカードを作った場合でも、すぐに解約するのではなく、1年間利用してから解約するとマイナス評価にはなりにくいです。

クレジットカードの多重申込、複数申込には注意が必要, 3.0 out of 5 based on 1 rating