クレジットカードにブラックリストは存在しない?審査の真実

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

ノートクレジットカードの審査に落ちた方などは「ブラックリストに載ってしまったから審査に落ちた。」なんて、まことしやかにインターネット上を含めて、いろいろなところで語られているため、「表紙が黒いリストがあり、そこに名前が載ってしまったら、一生クレジットカードは作れない。」と本気で思っている人も多いようです。しかし、これには事実とそぐわない点も多いのです。

ブラックリストは存在しない

クレジットカード会社が共有している情報に「ブラックリスト」というものはありません。”共有している情報”と但し書きを付けたのは、単独では「ブラックリスト」を作っているクレジットカード会社が存在する可能性があるからです。しかし、一般的には「ブラックリスト」というものは存在しないのです。

では、クレジットカードの審査では何をもって審査をするのでしょうか?

  1. 申込フォームへの入力情報
  2. 勤務先企業への在籍確認
  3. 個人信用情報

の3つが主な審査項目です。

特に重要なのが「個人信用情報」というもので、これがクレジットカード会社各社に、もっと言えば銀行や消費者金融などお金を貸す金融業をやっている会社に共有されている情報なのです。

個人信用情報では

申込者の

  • 名前や年齢、住所などの基本情報
  • クレジットカード、カードローンなどへ申し込んだ履歴
  • クレジットカード、カードローンなどの借り入れ金額などの情報
  • 借入に対しての返済履歴
  • 個人信用情報を他の金融機関の担当者が照会した情報

などが表示されているため、はじめて申込んだクレジットカード会社でも

「今いくらローンがあって、クレジットカードを持っていて、毎月どのくらいの返済をしているのか?過去に返済を遅延したことがあるのか?」

という情報が瞬時に丸裸になってしまうのです。

この個人信用情報は、返済をきちんとしている「ホワイト」の方であっても、返済の滞納を繰り返す「ブラック」な方であっても、クレジットカードやローン、分割払い型の携帯電話などを利用した方であればすべての情報が載っているのです。

ブラックリストはないが、個人信用情報の情報が悪ければ審査に通らない

ブラックリストという名簿があるわけではありませんが、個人信用情報では過去の返済状況などが掲載されているため

  • 債務整理をした事実がある
  • 自己破産をした事実がある
  • 61日以上の返済遅延がある
  • 返済遅延を繰り返し行っている
  • 短期間に多くの借入をしている
  • 短期間に多くのクレジットカードやローンに申込んでいる

という事実があった場合は、どのクレジットカード会社に申込んでも、審査に通らない状況になってしまうのです。

個人信用情報には情報の保有期限がある

じゃあ、どうすればクレジットカードを作れるの?

と思う方もいると思いますが、一度個人信用情報に掲載された返済遅延などの情報も、時間が過ぎれば情報から抹消されます。

利用がなくなってから5年間経てば、個人信用情報は抹消されるため、今現在ブラックな情報が個人信用情報に掲載されていたとしても、5年を経過すれば情報はなくなるため、クレジットカードの審査に通るようになるのです。

まとめ

このようにブラックリストというものはありませんが、個人信用情報というローンやクレジットカードの利用履歴はほとんどの金融機関で情報が共有されているということを認識する必要があります。

情報が共有されている以上、「うっかり返済を忘れてしまった。」「他のクレジットカードを作るから、このクレジットカードの返済は止めておこう」なんて判断をしてはいけないのです。きちんと返済を確実に続けることがクレジットカードの審査通過の近道と言えるでしょう。

クレジットカードにブラックリストは存在しない?審査の真実, 4.0 out of 5 based on 1 rating