クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合の対策

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

score128_128

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったという方は少なくありません。

  • 最近では、ネットバンキングやラインの乗っ取りなども社会問題化している中で、より複雑な暗証番号をクレジットカードに設定してしまった。
  • クレジットカードを複数枚発行したときに暗証番号を個別に変えてしまった。
  • 5年以上前のクレジットカードだから、そのときに使っていた暗証番号が思い出せない。

など、色々なシーンで暗証番号を忘れてしまうケースが起きているのです。

クレジットカードの暗証番号は電話で確認できる

クレジットカードの暗証番号は、コールセンターに電話をすることで確認することが可能です。

暗証番号の確認時には

クレジットカードに登録している情報項目を聞かれることになります。

そこで、問題なく登録情報を答えられた場合に本人と認識して、暗証番号が通知されるのです。暗証番号の照会は本人しかできないので注意が必要です。

クレジットカードの暗証番号はインターネットでも確認できる

最近では、クレジットカードの管理も、ネットに移行しているクレジットカード会社が増えてきています。

そのため、クレジットカードの暗証番号の確認(照会)も、ネット上で行うことができます。

電話と同じく、クレジットカード申込み時に設定していた情報や秘密の質問などを聞かれるケースがありますが、それに回答することでオンライン上で暗証番号の確認ができるのです。

どうしても、暗証番号の照会で聞かれる質問に回答できないという場合には、電話で問い合わせることをおすすめします。

まとめ

暗証番号を忘れてしまっても、確認できるので大きな問題はありません。

忘れないように簡単な暗証番号にするというよりは、忘れても構わないからある程度複雑な暗証番号にしておくという方がトラブルに巻き込まれる可能性は低くなるためおすすめです。