共通ポイントカード比較「Tカード」vs「Pontaカード」

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (2 votes cast)

tenbin128_128共通ポイントカードとしては、大きく2大勢力があります。ひとつはYahoo!ポイントと提携したTカード、もう一つはローソンで利用できる「Pontaカード」です。どちらのポイントサービスがお得なのか徹底比較してみました。

「Tカード」vs「Pontaカード」

項目 「Tカード」 「Pontaカード」
会員数(2013年10月現在) 4736万人 5846万人
利用可能店舗 6万3555店 2万2500店
コンビニ ファミリーマート、スリーエフ ローソン
レンタル TSUTAYA GEO
ガソリンスタンド ENEOS 昭和シェル石油
ホテル 東急ホテルズ ルートインホテルズ
引っ越し アート引越センター 日本通運
スーパー マルエツ ライフ
飲食チェーン ガスト、ドトール 大戸屋、ケンタッキー
スーツ 洋服の青山 AOKI
電子マネー 楽天Edy 楽天Edy

「Tカード」にしかない特典

Yahoo!ポイントと統合され、インターネットにも強み

TポイントがYahoo!ポイントと統合されたため、今までのリアル店舗以外にインターネットでの買い物などでもポイントが効率的に貯まるようになりました。これは大きな強みと言えるでしょう。

「Pontaカード」にしかない特典

ローソン利用がお得すぎる

「ローソンと言ったらLoppi」というぐらい浸透しているのが「Loppiお試し引換券」です。これはPontaでためたPontaポイントでお得にローソンの商品と交換できるサービスで、ローソン内にある端末Loppiで引換券とポイントを交換することができます。

30ポイントでペットボトル1本が交換できるように、ポイントの交換率が非常に良いのです。ローソン利用だけを考えたら、ポイント還元率は3倍以上の計算になります。

選べる商品は限られていますが、ローソンが近くにある方は「Pontaカード」を持っていれば大きなお得になるでしょう。

クレジットカード機能付きの共通ポイントカード

クレジットカード機能付きの「Tカード」

Tカードプラス
Tカードプラス

クレジットカード機能付きの「Pontaカード」

JMBローソンPontaカードVisa
JMBローソンPontaカードVisa

共通ポイントカード比較「Tカード」vs「Pontaカード」, 3.0 out of 5 based on 2 ratings