三井住友VISAカードのすべてがわかる!まとめ特集

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (2 votes cast)

smcc128_128三井住友VISAカードは、日本でもトップクラスの知名度を誇るクレジットカードです。世界でシェアNo.1のVISAブランドと言えば、三井住友VISAカードと言っていいでしょう。

正確に言えば、VISAのプロパーカードというのは日本には存在せず、三井住友カードが日本で最初に「VISA」を発行した会社であるため、三井住友カード株式会社のプロパーカード「三井住友VISAカード」が日本では「VISAのプロパーカード」のように認識されているのです。

「日本のVISAカードをリードする」のが三井住友VISAカードということになります。とはいえ、「VISAのプロパーカード」が存在しない以上、「VISAのプロパーカード」に近いクレジットカードを選びたいというのであれば、三井住友VISAカードと言って間違えないと言えます。

三井住友カードってどんな会社?

三井住友カードというのは、名前で推測できるように三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)に属しているカード会社です。三井住友銀行と同じグループということになります。財閥系の企業であるため、金融系グループの結びつきが強く、信頼性でいえば日本の企業の中でもトップクラスと言っていいでしょう。

三井住友VISAカードの概要

三井住友VISAカードは、三井住友カードのプロパーカードです。VISAのプロパーカードではありませんが、三井住友カードが独自で発行している三井住友カードのプロパーカードなのです。

会員数は、2012年度で2240万人。毎月10万人が新しく作っているクレジットカード

日本人の6人に1人が持っている計算になります。2007年度は1641万人だったので、5年で約600万人、1年間に120万人、1か月に10万人が新しくクレジットカードを作っている日本でもトップクラスの人気があるクレジットカードと言えるのです。

日本で最初に「VISA」を発行した会社であることからもわかるように、CM戦略が非常にうまく、「VISA」=
「三井住友カード」というイメージが日本では定着しているのです。

年会費無料などの戦略は取っておらず、ポイント還元率も手厚いとは言えませんが、地道に日本企業の優位性である「安全性」「おもてなし」「顧客対応」などを追求しながらサービスの質を高めているクレジットカードです。すべての機能を兼ね備えたクレジットカードと言えます。

三井住友VISAカードの特徴「信頼性+安心」

1.「VISA」ブランドの第一人者のクレジットカード

「VISA」と言えば、世界で一番利用されている国際ブランドです。170か国以上で利用でき、世界の3000万箇所以上のお店で利用することができるクレジットカードなのです。海外旅行などに言っても、クレジットカードが使えるのに「VISA」が使えないお店というのは、ほとんどないと言っていいでしょう。

その「VISA」ブランドが利用できるクレジットカードは日本中にいろいろありますが、会員数や取引額、知名度、歴史、すべてに置いて圧倒しているのが三井住友VISAカードなのです。

2.独自のセキュリティ機能

高度な暗号化技術によるセキュリティー機能に優れたICカードを搭載しています。偽造が困難であり、不正利用も未然に防止することが可能。また、事前に自分で決めている暗証番号を入力する機能もあり、暗証番号の入力なしではクレジットカードによる買い物ができないことになります。さらに、顔写真入りのクレジットカードが無料で作れるため、ここでもセキュリティ性をアップさせています。

飲み屋さんなどで会計するときに「この店員本当にサインとカードのサインを照合しているのか?」と不安に思うことはないでしょうか。クレジットカードを財布ごと紛失して誰かに拾われてしまった場合に、その第三者がクレジットカードを利用しようとしても、サインだけの場合は身分証の名前を書いてもサインのチェックが甘ければ使えてしまうのです。

しかし、顔写真入りであれば店員のチェックもサインの照合よりはやりやすいですし、暗証番号を設定していれば暗証番号の入力なしには利用できないのです。不正利用を防止するセキュリティ機能など充実度は他のクレジットカードにない大きな魅力と言っていいでしょう。

3.旅行保険、ショッピング保険も質が高い

国内・海外の旅行保険や購入日から90日間、クレジットカードで購入した商品の補償をしてくれるショッピング保険なども当たり前のように付帯されています。特に最近の年会費無料のポイント還元率の高いクレジットカードの場合は、旅行保険が付帯していない、保険金額が少ない、保険金額は同じだが補償の内容がスカスカというクレジットカードとは違い、中身も充実しているところが三井住友VISAカードの魅力と言えます。

三井住友VISAカードの特徴「利便性」

1.iDを使えば、自動販売機やタクシー・コンビニでも即座にクレジットカード払いが可能

三井住友VISAカードは、電子マネー「iD」を搭載しています。「iD」はポストペイ型(後払い型)の電子マネーであるため、電子マネー「iD」が使えるお店であれば読取機にかざすだけで支払いが完了します。チャージも、サインも要らずに買い物ができるということです。この「iD」ご利用分も、VISA/MasterCardご利用分と合算してワールドプレゼントポイントの対象となるため、クレジットカード払いができない自動販売機であっても、電子マネーしか対応していないコンビニであっても、ポイントを貯めながらクレジットカードで買い物ができるのです。

カードは発行時にクレジットカード一体型を選べるため、クレジットカードでそのまま利用できます。三井住友VISAカードを選ぶのであれば「iD」の一体型をおすすめします。

2.支払い方法が幅広い

三井住友VISAカードは、「あとからリボ」「マイ・ペイすリボ」というリボ払い機能が利用できます。

「あとからリボ」は、文字通り一回払いなどで買い物をしたんだけど、後から「やっぱり、支払いが難しいから、リボ払いにしたい。」と思っても、変更できるリボ払いの形です。「買い物をしたときは一回払いでいいと思っていたが、別のところでお金を使ってしまい払えない。」そんなときでも、安心してリボ払いを利用できるのです。

「マイ・ペイすリボ」とは、自動的に返済方法をリボ払いに設定できるもので、高額な購入額だったとしても毎月の最低お支払い金額の5千円を返済すれば良いのです。もちろん、多く返済することも可能で、返済額を調整できるのです。余裕がない月には最低返済額のみを返済し、余裕ができた月には多めに返済する形で返済額の強弱をTけることが可能なのです。便利なサービスと言えます。

3.海外旅行時にお金が無くなっても、現地通貨で海外ATMから引き出し可能

海外旅行に行くと、空港で両替する方が多いと思いますが、三井住友VISAカードの場合は、海外にあるATMも利用することが可能です。しかも、現地通貨での現金引き出しが可能なので、旅先でお金が不足したり、盗難などのトラブルでお金が手元になくなってしまっても、このクレジットカードがあればその場で現地通貨を用立てることができるのです。万が一の海外利用でも役立つクレジットカードと言えます。

4.VJデスクで海外旅行時のトラブルも日本語サポートで解決

VJデスクという世界の主要都市に設置されているコンシェルジュ機能があります。現地の観光情報、ホテルやレストランの紹介、交通機関の紹介や、レンタカー、チケット、ツアーの手配、ガイドや翻訳の手配やクレジットカード紛失時のサポートまで、海外旅行で必要なものはほぼすべて相談できると言っても過言ではないほど便利なサービスです。海外旅行で活躍するクレジットカードということも言えるでしょう。

三井住友VISAカードの特徴「特典」

三井住友VISAカードは、はっきりいえばポイント還元率だけを見ると他のクレジットカードと比較してそこまでおすすめできるクレジットカードではありません。しかし、それ以外の特典が三井住友VISAカードにはあるのです。

1.ポイントは最大20倍に。ポイントUPモール

ポイントUPモールを経由してインターネットショッピングをすればポイントは最大20倍になります。三井住友VISAカード自体のポイント還元率が0.5%だったとしても、ストアによっては最大10%までポイント還元率がアップすることになります。

一休、ニッセン、タワーレコード、ベルメゾンネット、楽天、ヤフー、アップルストア、HIS・・・と主要なストアがそろっているため、インターネットショッピングで「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」だけに限定して買い物をするという方でなければ、オールラウンドにポイントが倍増するストアがある三井住友VISAカードの方がお得になるというケースも出てくるのです。

2.チケットが優待価格になる「Vpassチケット」

「Vpassチケット」とは国内の主要なコンサートやイベント、演劇などのチケットを優待価格で特別に確保して販売してくれるサービスです。チケットが手に入りにくいイベントなどのチケットが取得できたり、通常の販売価格よりも安い優待料金で手に入れることができるメリットがあります。

3.アジアで使えるクーポンプログラム「GlobePass」

タイ、インドネシア、香港、中国、台湾、韓国、フィリピン、シンガポール、マレーシア、ベトナムなどのアジアで利用できるお得なクーポンが手に入るサービスが「GlobePass」です。日本のホットペッパーのような機能が海外にもあるため、アジアへの旅行の際には「GlobePass」でお得に食事などをすることが可能になります。

三井住友VISAカードのメリットをまとめると

上記の通りに色々なメリットがありますが、まとめると「VISAという世界シェア1位の国際ブランド」を持ちながら「海外利用時の保険、コンシェルジュデスク、優待」などに強みを持っている、世界仕様で信頼性の高いクレジットカードということになります。

三井住友VISAカードを持っていれば、クレジットカードで必要な機能のほとんどを高い品質でカバーできると言っていいでしょう。特に海外旅行に行く際は、このカードを持っていれば、ほとんどのお店で使えて、かつ緊急時のサポートも日本語でしてくれるなど安心して旅行が楽しめるのです。

また、プロパーカードであり、数十年と続いているクレジットカードなので、提携カードのように途中でクレジットカードのサービス停止などになる可能性は非常に低く、利用額が増えてくれば、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとさらに上位のカードの招待が来る可能性もあるのです。

年会費無料の高ポイント還元率のクレジットカードは、持っていて損ではないのですが、海外利用時のクレジットカードとしてはメインカードとして三井住友VISAカードを検討すると良いでしょう。

三井住友VISAカードのカードラインナップ

カード名 カードの種類 内容
三井住友VISAデビュープラスカード 18歳~25歳専用 満26歳以降最初のカード更新時にプライムゴールドカードへ切替。クラシックカードへのお切替えも可能です。
三井住友VISAデビュープラスカード(学生) 学生向け 満26歳以降最初のカード更新時にプライムゴールドカードへ切替。クラシックカードへのお切替えも可能です。
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA スタンダード 一番スタンダードなの三井住友VISAカード。
三井住友VISAクラシックカード(学生)/クラシックカードA(学生) 学生専用 卒業後は自動的に三井住友VISAクラシックカードへ切替え
三井住友VISAアミティエカード 女性専用 女性向けの特典が豊富な三井住友VISAカード。
三井住友VISAアミティエカード(学生) 学生・女性専用 女性向けの特典が豊富な学生向け三井住友VISAカード。
エブリプラス スタンダード 年会費永年無料のクレジットカード。保険などのサービスは三井住友VISAカードに劣る
三井住友VISAエグゼクティブカード エグゼクティブ 年会費がやや高い分、旅行保険の保険金額が高いなどサービスのレベルが高くなっている
三井住友VISAプライムゴールドカード ヤングゴールド 20代限定のゴールドカード。空港ラウンジ無料やゴールドカード並の保険金額を用意している
三井住友VISAゴールドカード ゴールド 高い品質を持つ日本でも最高クラスの信頼を持ったゴールドカード。
三井住友VISAプラチナカード プラチナ エグゼクティブ向けのサービスや特典が用意されているプラチナカード。

三井住友VISAカードのクレジットカード一覧はこちら

三井住友VISAカードのすべてがわかる!まとめ特集, 4.0 out of 5 based on 2 ratings