プロパーカード選びでおすすめクレジットカード比較

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.5/5 (2 votes cast)

mushimegane128_128プロパーカードを選ぶ際におすすめのクレジットカードはどれになるのでしょうか?こでは徹底的に比較していきます。

プロパーカードとは、そもそも何?

プロパーカードのプロパーとは「正しい、適切な、正式な、固有のもの、独自のもの」という意味を持っています。なかなか日本語では意味がわかりにくいものなのですが、プロパー社員という言い方が一番利用される言い回しで、出稿してきた社員、子会社の社員、移籍してきた社員と元々その会社にいる正社員のことを言います。

では、クレジットカードにおけるプロパーカードとは

クレジットカード会社が独自で発行している本来のクレジットカードのことを言います。対照的に存在するのが他の会社と提携して八こぅする提携カードです。

プロパーカードはさらに2種類に大別され

  1. 国際ブランドが発行している独自のクレジットカード
  2. クレジットカード会社が発行している独自のクレジットカード

に分かれるのです。

株式会社ジェーシービーが発行している「JCB一般カード」は、前者になりますし、三井住友カード株式会社が発行している「三井住友VISAカード」は、後者になるのです。

これは、ジェーシービーは国際ブランド兼クレジットカード会社であるのに対して、三井住友カードはクレジットカード会社でしかないためです。

VISAブランドを日本で一番最初に扱ったということで、「VISA=三井住友カード」というイメージが強いのですが、厳密に言えば、三井住友カードは国際ブランドではないのです。

VISAやMaterCardのプロパーカードは、日本には存在していないのです。

プロパーカードを選ぶ場合の比較検討ポイント

プロパーカードならではの特典に注目

プロパーカードの場合は、提携カードと比較してどうしてもポイント還元率などは低く設定されてしまいます。しかし、その分、保険が手厚かったり、提携店舗利用で優遇があったり、コンシェルジュデスクの対応が良かったり、プロパーカードにしかない特典があるのです。

プロパーカードにしかない特典を比較して選ぶべきなのです。

プロパーカードのステイタス性で比較

プロパーカードは、提携カードよりも信頼性、ステイタス性が高くなっています。プロパーカードを比較するときにも、対象のプロパーカードの信頼性やブランド、ステイタスなども重視して比較するべきです。

国際ブランドのプロパーカードが良くて、信頼できる日本企業が良いのであれば「JCB一般カード」。世界的なステイタスを重視するのであれば、「アメリカン・エキスプレス・カード」と言ったぐあいです。

取得したい上位カードで比較

プロパーカードにあって、提携カードにない大きなポイントとして、上位カードがあるかないかというものがあります。プロパーカードの場合、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと大抵はブラックカードまでは存在しています。

一方、提携カードの場合はゴールドカード止まりのものが一般的なのです。今の年収では無理だけど、将来的にブラックカードがほしい、プラチナカードがほしい、という方はプロパーカードを選ぶべきなのです。その中でも、持ちたいプラチナカードやブラックカードがあるのであれば、そのクレジットカード会社のプロパーカードを選ぶ必要があります。

おすすめのプロパーカード

国際ブランド「JCB」のプロパーカード

JCB一般カード

  • スターバックスやセブンイレブン、ガソリンスタンドなど有力店でポイント倍増
  • 海外、国内の旅行傷害保険も充実し、総合力が高い
JCB一般カード

JCB一般カード

  • 初年度年会費無料
  • 年間50万円以上利用で次年度年会費無料
  • ポイント還元率は最大2.5%
公式サイトへ
人気ランキング6位
発行会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)1,250円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典「MyJチェック」の登録があり、12月16日~翌年12月15日の利用合計金額が50万円以上の場合、翌年の年会費が無料
発行期間1週間前後
ポイント還元率下限0.500%
ポイント還元率上限2.500%

クレジットカード会社「三井住友カード」のプロパーカード

三井住友VISAクラシックカード

  • 世界シェア1位の国際ブランド「VISA」の第一人者。加盟店数も世界最大
  • 高度なセキュリティシステムを導入し、安全性が高い
三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

  • 初年度無料のスタンダードカード
  • iD一体型のカードなら安全性アップ
  • リボとカード利用で翌年年会費無料

公式サイトへ

人気ランキング3位
発行会社三井住友カード
国際ブランドVISA/Mastercard
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典①カード利用代金WEB明細書サービス利用&過去1年間に6回以上の請求があると500円割引
②「マイ・ペイすリボ」登録後、年に1回以上カードの利用で年会費無料
③前年度利用合計額が100万~300万円未満:次回年会費半額、300万円以上:次回年会費無料
※①③:重複可、他:最も割引率の高いものを適用
・VISA・Mastercard2枚選択:1574円
発行期間最短3営業日
ポイント還元率下限0.454%
ポイント還元率上限1.000%

国際ブランド「AMEX」のプロパーカード

アメリカン・エキスプレス・カード

  • ステイタス性抜群のエグゼクティブのためのクレジットカード
  • 海外で利用する場合の優待、特典、保険、空港サービスなどが充実
アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

  • 海外旅行や海外利用で抜群の効果
  • 旅行保険も最大5000万の補償
  • スタータス性が抜群エグゼクティブカード

公式サイトへ

人気ランキング42位
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
国際ブランドAMEX(アメックス)
カードランク一般カード/T&Eカード
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費特典-
発行期間約1ヶ月程
ポイント還元率下限0.333%
ポイント還元率上限0.400%
 

国際ブランド「Diners」のプロパーカード

ダイナースクラブカード

  • 国内外の空港ラウンジ無料利用。海外・国内旅行保険最大1億円
  • 高級レストランのコースが1名様分無料などの優遇が多い
ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

  • 国内外の空港ラウンジ無料
  • 最高1億円の海外・国内旅行保険
  • 高級レストランが1名様分無料等の優待
公式サイトへ
人気ランキング76位
発行会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドDiners
カードランク一般カード/T&Eカード
初年度年会費(税別)22,000円
2年目~年会費(税別)22,000円
年会費特典-
発行期間申込から:最短3営業日
ポイント還元率下限0.400%
ポイント還元率上限0.416%

プロパーカード利用のコツ

プロパーカードは、クレジットカード会社がなくならない限りずっと使い続けられるクレジットカードです。提携カードの場合は、1年、2年でカード発行を停止してしまったり、ポイントなどの改悪が起こったりするケースが多いのです。

プロパーカードは、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとカードのグレードが上がっていけば、上がっていくほどサービスの質も格段に良くなっていきます。サービスの質に関しては、提携カードの比ではないのです。

じっくりとクレジットヒストリーを貯めて、上位カードを取得することを目的にするのがおすすめのプロパーカードの利用法です。

単純にポイントだけが欲しい場合は提携カードの方が条件が良いのです。プロパーカードはポイントではない、クレジットカードのサービスに魅力を感がじる方におすすめのカードなので、より高い品質のサービスを受けるためにクレジットヒストリーの積み上げが必要不可欠なのです。

継続的に利用することを前提に、無理のない範囲で年間利用額を増やしていくことをおすすめします。

プロパーカード選びでおすすめクレジットカード比較, 4.5 out of 5 based on 2 ratings