JCBカードのすべてがわかる!まとめ特集

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

jcb128_128

JCBカードというのは、日本企業の国際ブランドである「JCB」が発行しているプロパーカードの総称であり、一番スタンダードなカードは「JCB一般カード」となっています。

本来の意味でも国際ブランドが発行するプロパーカードとしては、この「JCBカード」が一番シェアが大きいと言っても過言ではありません。三井住友VISAカードなどは、国際ブランドVISAのプロパーカードではなく、三井住友カードというカード会社のプロパーカードなので、厳密に言えば立ち位置が違うのです。

ここでは、JCBカードの持っている特徴を解説していきます。

JCBカードは、日本の国際ブランドのプロパーカード

国際ブランドと言えば、「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」「Diners」「DISCOVER」「銀聯」と世界でも7つしかないのです。

その中の一つ「JCB」という国際ブランドは、日本の企業である株式会社ジェーシービーの管理している国債ブランドなのです。

海外の加盟店などでは、「VISA」「MasterCard」などのブランドには劣りますが、こと国内に限った場合はほとんどのお店で「JCB」が利用できます。これは日本のブランドである最大のメリットと言えるでしょう。

2013年3月末日のデータでは

日本国内の会員数は6553万人で加盟店数は815万店にも及びます。

日本人の2人に1人がJCBブランドのクレジットカードを持っている計算になります。それほど日本でのシェアが大きい、信用が大きいクレジットカードなのです。歴史が古く、もともと東京と大阪の企業が合併した形であり、かつ九州や北海道にも関連会社を持っていた経緯があるため、加盟店も都市部だけではなく、全国にまんべんなくあるというメリットがあります。国内での利用には不自由しないと言っていいでしょう。

JCBカードは提携カードもたくさんある

JCBは日本企業であることも強みであり、プロパーカード以外の提携カードも数多く発行しています。有名なところでいえば、楽天カードやYahoo!japanJCBカード、ニコスカード、オリコカード、セゾンカード・・・などが挙げられます。

これは提携企業が日本の国際ブランドだから安心して提携しているという側面も少なからずあるのです。

JCBカードだからできるメリット

1.大手企業と提携しているため、実はポイントが貯まりやすい。

日本の企業である信頼性から、提携先の企業もマイナー、中堅企業というわけではなく、生活でよく使う企業が多いことがJCBの大きな特徴と言っていいでしょう。

初期設定のポイント還元率は0.5%程度と決して高くありませんが、提携企業の店舗やサイトでクレジットカードを利用すると急に高ポイント還元率のクレジットカードに変身するのです。

一部の提携先を紹介すると

優待店 ポイント付与率 ポイント還元率
セブンイレブン ポイント3倍 ポイント還元率1.5%
スターバックス ポイント5倍 ポイント還元率2.5%
イトーヨーカドー ポイント3倍 ポイント還元率1.5%
昭和シェル石油 ポイント2倍 ポイント還元率1.0%
Esso、Mobil、ゼネラル ポイント2倍 ポイント還元率1.0%
amazon ポイント3倍 ポイント還元率1.5%
HMV online ポイント7倍 ポイント還元率3.5%
ビックカメラ.com ポイント2倍 ポイント還元率1.0%


上記のような感じになっています。セブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物をすればポイント還元率が1.5%です。これはセブンイレブンやイトーヨーカドーのグループ会社が発行しているセブンカードのポイント還元率を上回っているポイント還元率なのです。スタバでも、ポイント還元率は2.5%、Amazon.co.jpでもポイント還元率は1.5%と本家を上回るポイント還元率があるのです。

クレジットカード会社が運営しているネットショッピング限定のポイントモールでのポイント倍増のストアと比較すると、いかに利用しやすいか?ポイントが貯まりやすいか?がわかるかと思います。

このポイント倍増サービスは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」と呼ばれていて、JCBのプロパーカードでしか利用できない特典です。

2.年間利用額に応じて、ポイント還元率がアップする

1年間の利用額 ポイントプログラム名 翌年度のポイント上昇率
300万円以上 ロイヤルαPLUS 翌年のポイントが60%UP
100万円以上 スターαPLUS 翌年のポイントが50%UP
50万円以上 スターβPLUS 翌年のポイントが20%UP

となっています。こちらもJCBのプロパーカードで利用できる特典でお持ちのカードのポイントプログラム名称「Oki Doki for ORIGINAL」・「Oki Dokiポイント CLASSIC」の会員の方が利用できます。提携カードの場合にも優遇特典はありますが、ポイント獲得の上昇率が半分以下になってしまいます。

これを上記で記載した提携企業でのポイント倍増で利用すれば、セブンイレブンやイトーヨーカドーでポイント還元率2.4%というレベルまでひきあがるのです。

3.キャンペーンの数が尋常じゃないメリット

JCBは日本企業である信頼性という大きな武器があるので、ポイント倍増以外にも、キャンペーンという形で日本国内の有力企業とタイアップしたキャンペーンを頻繁に行っています。

その数が異常なぐらい多いのです。

2014年4月時点のキャンペーン一覧では、なんとその数40個のキャンペーンがあるのです。もちろん、使えるもの使えないもの、ありますが、これだけのキャンペーンが常に新しいものと入れ替わりながら利用できるのはJCBカードの大きなメリットと言えます。

2014年4月時点のキャンペーン一覧

キャンペーン名称 キャンペーン期間 主な賞品
「5」のつく日。JCBで復興支援 第4弾 2014/02/05~2014/05/25 なし
JCB マジカル 2014 2013/12/16~2014/06/15 ディズニーホテル宿泊+東京ディズニーランド(R) 貸切パーティーチケット
QUICPay(nanaco)デビューキャンペーン 第2弾NEW 2014/04/16~2014/11/30 QUICPay(nanaco)の新規登録で300nanacoポイント
京セラドーム大阪でQUICPayキャンペーン! NEW 2014/04/01~2014/10/31 利用金額から5%キャッシュバック
シンガポール航空公式サイトで航空券を買った方にチャンス! NEW 2014/04/16~2014/09/30 飛行機模型、JCBギフトカード
トヨタレンタカー 基本料金5%オフキャンペーン 2014/04/01~2015/03/31 5%引き
海外おみやげを買ってdancyuグルメギフトカタログを当てよう!キャンペーン第1弾 2014/04/01~2014/06/30 dancyuギフトカタログ5,000円分
9日はQUICPayの日!キャンペーン 2014/04/09~2015/03/09 当選分のご利用金額をキャッシュバック
JCBカード利用で楽天スーパーポイント最大300万ポイント山分け! 2014/02/26~2014/05/25 楽天スーパーポイント最大300万ポイント山分け
(株)モンテローザ X JCB 春のハッピーキャンペーン 2014/03/01~2014/04/30 (株)モンテローザお食事券 10,000円分
アゴダで海外ホテル予約7%OFF!キャンペーン 2014/03/01~2014/05/31 宿泊料金が7%OFF
JCB 春のワクワクキャンペーンin静岡 2014/03/01~2014/04/30 フジドリームエアラインズ国内往復航空券(ペア)
QUICPay(nanaco)デビューキャンペーン 2014/02/17~2014/06/30 最大600nanacoポイント
JCBで当てよう!ディズニー・オン・アイス「デア・トゥ・ドリーム」 2014/02/16~2014/05/15 ディズニー・オン・アイス公演チケット
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)ハロウィーン貸切キャンペーン 2014/02/16~2014/06/15 オフィシャルホテル宿泊+ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)スタジオ・パス+貸切クレデンシャル
ニッポンレンタカー基本料金約5%オフキャンペーン 2013/07/05~2014/06/30 基本料金より約5%引き
出します!「リボ・分割」で1万人におこづかい!キャンペーン 2014/03/16~2014/10/03 JCBギフトカード1万円分
東和免税店 X JCBキャンペーン NEW 2014/04/16~2015/03/15 東和免税店お買い物券30万ウォン分
新世界でエンジョイショッピング!with JCBキャンペーン NEW 2014/04/16~2015/03/15 新世界商品券、割引特典など
パリの空港でJCBを使っておトク! 2014/04/01~2015/06/30 10ユーロ引き
JCBゴールド会員以上の方限定「空港手荷物宅配サービス」期間限定優待キャンペーン 2013/04/01~2014/09/30 おひとり様につき手荷物1個500円(税込)
JCB X 北海道キャンペーン 2014-2015 2014/04/01~2015/03/31 JCBセレクト「北海道のおすすめグルメ カタログギフト」
あべのハルカスグランドオープン近鉄百貨店 X JCBキャンペーン 2014/03/07~2014/05/31 近鉄ギフトカード10,000円分
JCBプラザに行ってギフトカードをもらおう! in US 2014/02/10~2014/05/09 Discoverギフトカード US20ドル分
行こう!JCBと世界へキャンペーン2014 2013/12/16~2014/06/15 JCBギフトカード10万円分
ロッテアウトレット・ロッテマート X JCBキャンペーン 2013/10/16~2014/05/31 エチュードハウスの「スペシャルケア5種キット」
新羅免税店 X JCBキャンペーン 2013/08/16~2014/08/15 新羅免税店割引クーポン
ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料! 2009/04/01~2016/03/31 ワイキキ・トロリー乗車賃無料
公共料金のお支払いで1万円キャッシュバック!キャンペーン 2014/03/16~2014/09/15 1万円キャッシュバック
「くつろぎの旅」「心ゆく旅」ご参加で海外おみやげ1万円分プレゼント NEW 2014/04/01~2015/03/31 「JCB海外おみやげサービス」カタログから選べる海外おみやげ1万円分
ハワイわくわくキャンペーン2014 2014/04/01~2014/09/30 JCBギフトカード2,000円分
グループ旅行がおトク!キャンペーン 2014/07/01~2014/12/25 JCBギフトカード1,000円分
JCBトラベル「ハネムーン旅行お申し込み特典」プレゼント! 2014/03/19~2014/09/17 オンラインフォトブックサービスクーポンまたはJCB海外おみやげサービス利用券
ハワイに行くならJTB!ハワイへ行ったらJCB!2014 2014/04/16~2014/10/15 旅行券5万円分
JCBトラベル提携オンライン予約サービス Oki Dokiポイントキャンペーン 2014/02/20~2014/05/15 Oki Dokiポイント1,000ポイント
4・5・6月は旅しよう!JCBギフトカードプレゼント! 2014/04/01~2014/06/30 JCBギフトカード3,000円分または1,000円分
Oki Dokiポイントからnanacoポイントへの移行が20%おトク!キャンペーン! NEW 2014/04/16~2014/06/16 nanacoポイント20%優遇
LINDAオリジナルキャンペーン&プレゼント(4月) 別ウィンドウ 2014/03/27~2014/04/27 ABISTE新作ビジューイヤーカフ、資生堂新作スキンケアセット
JCBトラベル TRAVIA登録キャンペーン 2014/03/19~2014/09/17 旅行代金2万円分(目録)
Route J モバイルでおトクにインターネット! 2013/11/01~2014/04/30 JCBプリペイドカード5,000円分

4.他にもあるお得な特典

  • JCB加盟店の中で優待料金での利用ができる「JCB優待ガイド」
  • カードを使えば使うほどTポイントが貯まる「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」
  • コンサートやスポーツなどの観戦チケットが割引販売・優先予約ができる「JCBチケット」

・・・などJCBカードは数えきれないほどの優待利用ができるサービスが多いのです。

JCBカードはプラチナカード・ブラックカードの人気が高い

プロパーカードである「JCB」ではプラチナカードやブラックカードの人気も高くなっています。

一例をあげるとJCBの最上位カードである「JCBザ・クラス」では、年に1回、自宅に届いたカタログギフトのような冊子から選んだお好きな商品をもらえるサービス「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」というものがあり、これは2万円~3万円程度の価格の商品が無料でもらえたり、国内の厳選された有名レストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になる「グルメベネフィット」というサービスがあったり、帝国ホテルやザ・リッツカールトン東京などの一流ホテルが3割~5割引きの優待料金で利用できるなど、国内利用での特典が抜群なのです。

これは日本企業である信頼性と大手企業とのコネクションが実現させているのです。

もちろん、JCBの最上位カードである「JCBザ・クラス」をゲットするためにはJCBのプロパーカードを使いながらクレジットヒストリーを貯めていく必要がありますが、将来的にでも人気の高いブラックカードやプラチナカードを持ちたいのであれば、今のうちからJCBのプロパーカードを持っておくというのも賢い選択と言っていいでしょう。

JCBカードのメリットをまとめると

「使ってみると実はお得なクレジットカード」と言えるでしょう。見た目のポイント還元率などは他の提携カードに劣ってしまいますが、ポイントのステージを上げて、よく利用する提携店で使えば、高ポイント還元率の提携カードをしのぐポイント還元率になりますし、40以上のキャンペーンを常時実施しているクレジットカードというのは他にないのです。

日本企業であるからこそ、提携先に有力企業が多く特典も手厚いのです。国内での利用であれば、特典の多いおすすめのクレジットカードなのです。

JCBカードのラインナップ

カード名 カードの種類 内容
JCB一般カード スタンダード 最もスタンダードなJCBカード。総合力の高いクレジットカード
JCB CARD EXTAGE 18歳以上29歳以下(高校生は除く) 18歳以上29歳以下(高校生は除く)を対象にした一般カード。年会費は5年間無料でポイントも優遇されている。期限更新後は自動的にJCB一般カードに。
JCBゴールド ゴールドカード 20歳以上であれば申し込みが可能なゴールドカード。信頼性も高く保険などもサービスの質も高い。
JCB GOLD EXTAGE ヤングゴールド 20歳以上29歳以下の社会人を対象としたヤングゴールドカード。年会費も通常のゴールドカードに比べて安く設定され、安い年会費でJCBゴールドとほぼ同等のサービスが受けられる。
JCBゴールド ザ・プレミア 招待制ゴールドカード ショッピングの利用額が2年連続で100万円以上というような優良顧客に向けて招待される招待制のゴールドカード。JCBゴールドよりも特典が手厚くステイタス性も高い。
JCBザ・クラス 最上位カード JCBの最上位カード。ホテルのアップグレードやコンシェルジュなどブラックカード相当のカードとされている。

JCBカードのクレジットカード一覧はこちら

JCBカードのすべてがわかる!まとめ特集, 4.0 out of 5 based on 1 rating