ETCカードのおすすめの選び方

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

car2128_128

ETCカードを作りたいためにクレジットカードを作ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。ここではETCカードの比較検討方法を紹介します。

1.ETCカードは2種類あることを知ろう

ETCカードを作るのになぜクレジットカードを作らなければならないのか?

そもそも、こんな疑問を持たれていながらも、ETCカードはクレジットカードと聞いたからと探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ETCカードは、実は2種類あります。

  1. クレジットカードに付帯されるETCカード
  2. 高速道路6社が共同で発行する専用のETCカード

です。クレジットカードに付帯されるETCカードを利用する方が圧倒的に多いのですが、これには理由があります。高速道路6社が共同で発行する専用のETCカードでは、事前に利用する料金をデポジットで入金しておく必要があるため、不便だからです。毎月4,500円利用する方は、4万円を預け入れなくてはいけません。

高速道路の会社は金融機関ではないので、後払いにしてしまうとETCで利用された高速料金を回収できないケースが発生してしまうため、それを防ぐために「デポジットで前入金してもらう方法」と「クレジットカード会社に立て替えてもらう方法」の2種類ができたのです。

もちろん、なぜ多くの方がクレジットカードに付帯されているETCカードを選ぶかというと

  • 「前入金するのが面倒くさい」
  • 「クレジットカードであればポイントが貯まる」
  • 「次月に口座から引き落とされる方が家計が楽になる」
  • 「クレジットカードの入会キャンペーンなども魅力」

といった理由があるのです。

2.ETCカードが無料であるかどうかが重要

ETCカードは、クレジットカードに付帯する追加カードという形になります。しかし、このETCカードも、発行手数料が必要なクレジットカードやETCカードの年会費が必要なケースがあるのです。

イメージで言えば、3割ぐらいのクレジットカードでETCカードは有料。7割ぐらいのクレジットカードでETCカードは無料です。

仮にクレジットカードのメリットが非常に魅力的という場合は、そのクレジットカードとETCカード用のクレジットカードを2枚持てばいいだけなので、年会費無料のETCカードを選ぶ方が良いのです。

3.ETCカードが付帯されているクレジットカードも年会費無料のものを選ぶ

ETCカードだけが年会費無料でも意味がありません。付帯される元のクレジットカードの年会費がかかってしまっては元も子もないからです。

おすすめのETCカードは

  • クレジットカードの年会費が永年無料

かつ

  • ETCカードの年会費・発行手数料も無料

というカードです。これであれば、完全にクレジットカードの費用はかからないため、ETCカードに対して費用0円で利用できることになります。

例えばイオンカードなどがETCカードも無料で、年会費も永年無料のクレジットカードになります、。

年会費を払っても、欲しい特典やサービスがあるクレジットカードがあるのであれば、それはメインのクレジットカードとして、サブカードであるETCカード用のクレジットカードとは分けて発行するべきなのです。

4.ガソリンカードは検討してみる価値あり

ガソリンカードとは、ガソリン代が安くなるクレジットカードのことを言います。もちろん、このガソリンkナードでも、ETCカードは追加カードとして発行できます。

ENEOSカード S

ENEOSカード S

  • ガソリン・経由は2円/L引き
  • 年一回のカード利用で年会費無料
  • ポイント還元率も高い最大2%
公式サイトへ
人気ランキング132位
発行会社JX日鉱日石エネルギー
国際ブランドVISA/JCB
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典年1回以上のカード利用(QUICPay・ETC含む)があれば次年度年会費無料
発行期間-
ポイント還元率下限0.600%
ポイント還元率上限2.000%
 
  • ENEOS、JOMO利用でポイント還元率2.0%
  • 1Lあたり最大7円割引
  • ENEOSロードサービス付帯
JCBドライバーズプラスカード

JCBドライバーズプラスカード

  • 初年度年会無料のガソリンカード
  • 高速道路、ガソリン代がキャッシュバック
  • 全国どこのガソリンスタンドでもOK
公式サイトへ
人気ランキング96位
発行会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)1,250円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典-
発行期間1週間前後
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
 
  • 高速道路・ガソリンスタンド利用で最大30%キャッシュバック
楽天カード

楽天カード

  • ポイントが抜群にたまりやすい
  • 年会費永年無料!
  • 毎週金曜日はポイント3倍

公式サイトへ

人気ランキング1位
発行会社楽天カード
国際ブランドVISA/JCB/Mastercard
カードランク一般カード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費特典-
発行期間約1週間ほど
ポイント還元率下限1.000%
ポイント還元率上限4.000%

 

 
  • ENEOS、JOMOで楽天カードを使うとポイントが2倍

というものがあります。残念なのはガソリンカードの場合、2年目以降の年会費やETCカード年会費が一部低額ながら有料になってしまうことです。

例えば楽天カードは、クレジットカード自体の年会費は永年無料ですが、ETCカード年会費は500円かかります。しかし、ENEOS、JOMOであれば100円利用で2ポイント(楽天ポイント)が貯まるため、1年間で25,000円以上のガソリン代を使う方であればすぐに元が取れるのです。

このようにガソリンカードの場合は、利用額とそれによって得られるメリットと必要な年会費を天秤にかけて必要かどうか判断する必要があるのです。


上記の点に気をつけて、あなたにあったおすすめのETCカードを探しましょう。

ETCカードの年会費無料のクレジットカードはこちら

 

ETCカードのおすすめの選び方, 4.0 out of 5 based on 1 rating