現金よりクレジットカードがおすすめの理由

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

money4128_128

「クレジットカードは使いすぎてしまうから持たない」「クレジットカードは紛失やスキミングなど危険がいっぱい」という現金主義の方があなたの友人にもいるのではないでしょうか?

しかし、これは大きな間違えです。

現金で買い物するよりもクレジットカードで買い物をしたほうが断然お得でおすすめなのです。ここではその理由を徹底解説します。

1.ポイントがつくため、クレジットカードの方がおすすめ

現金で買い物

→ もちろん、ポイントはつかない。
(ヤマダ電機や楽天市場などのポイントはつく)

クレジットカードで買い物

→ ポイントがつく。高い水準のクレジットカードで買い物金額の1%は戻ってきます。
(ヤマダ電機や楽天市場などのポイントもつく)

クレジットカードは、光熱費、公共料金、携帯電話料金、家賃、病院、家電、生活用品、飲食店、ホテル、飛行機、新幹線、電車(suica,pasmo)・・・とほとんどどこでも使えるのです。

つまり、年収500万円の方が、半分の250万円を1年間で支出していたとしたら、その1%の2.5万円分のポイントが貯まる計算になるのです。

条件付きでこのポイントが2%分つくクレジットカードもあるので、その分お得と言えるでしょう。

2.クレジットカードを持っている人だけの特典がある

例えば

イオンカードを持っている場合、毎月20日、30日は5%OFFでイオンで買い物ができます。
セブンカードを持っている場合、毎月8日、18日、28日は5%OFFでイトーヨーカドーで買い物ができます。

年間100万円をイオンで買い物をする家庭だった場合、この特典を利用するだけで5万円分も割引が受けられるのです。

他にも、空港ラウンジが無料で利用できたり、ガソリン代が安くなったり、限定イベントに参加できたり、様々なメリットがクレジットカードごとに用意されているのです。

3.盗まれても安心なのは現金よりもクレジットカード

現金が入った財布を盗まれた場合、警察に被害届を出すと思います。これで運良く財布が戻ってきても、現金だけ抜き取られていた場合は現金分損をしてしまいます。

「クレジットカードだったら、それ以上に買い物されてしまうかもしれないじゃないか?」

と言った声が現金主義者から聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

ほとんどのクレジットカードには盗難保険というものがついていて、クレジットカードが盗まれて使い込まれた場合の費用は支払わなくて良いのです。

現金よりもクレジットカードの方が盗まれても、損をしないのです。

4.現金主義の場合、ATM手数料も馬鹿にならない

現金主義の場合、1ヶ月分の費用10万円を一気にATMから引き出して財布に入れておくという方は少ないのではないでしょうか。それこそ盗難時のリスクが増えてしまいます。

しかし、1万円ずつATMから引き出していたら月10回ほどはATMからお金を引き出しているのではないでしょうか。多くの銀行では、平日の日中であればATMの利用手数料は無料ですが、深夜や土日に引き出す場合、1回あたり105円~210円の手数料が必要になってしまうのです。

会社で働いている方の場合、日中ATMを利用できることの方が少ないのではないでしょうか。月10回のうち5回ATM手数料が105円かかってしまうとしたら、年間6,300円もの無駄な出費をしてることになるのです。

クレジットカードでの支払いをメインにしている場合、ATMを利用する必要はほぼありません。

5.クレジットカード払いのサービスがすぐに利用できるメリット

オンラインゲームやアプリ、電子書籍やインターネット上のサービスなど、多くのサービスの支払い方法の中心がクレジットカードになってきました。

これらのオンラインサービスは、クレジットカード支払いを選択した場合、ほぼリアルタイムで支払いが完了すれば利用をスタートすることができます。

これが銀行振込の場合は、銀行振込をネットバンキングですぐにできたとしても、サービス提供側がその入金を確認したあとでないとサービスの利用は開始されないのです。

6.クレジットカードの方が家計の管理がしやすい

現金主義の方は、「クレジットカードよりも現金の方がお金の管理ができて良い」という方も多いようです。

本当にそうでしょうか?

確かに、現金であれば、現金+口座残高=自分の全財産(住宅や自動車を除く)となります。これであれば、自分が自由にできるお金がいくらあるのかは確かにわかりやすいです。

クレジットカード払いの場合、すでに使ってしまっていて引き落とされるお金も考慮する必要があるため、今いくら自由になる財産があるのかの把握にひと手間かかってしまいます。

しかし、クレジットカードの場合は、自動的に家計簿として活用することができるのです。

いつ、何に、いくら支払ったのか?

クレジットカードのオンライン利用履歴を見れば、これが詳細に記載されています。面倒な家計簿ソフトに入力する必要もないのです。

家計を管理するという機能としては、クレジットカードの方が優れているのです。

7.将来のローン利用は、クレジットカードの利用歴があった方が良い

将来、住宅ローンを組もうとしている方にとっては、実は現金主義というのは審査でマイナス評価になる可能性があるのです。

というのも、30代でクレジットカードやローンの経験が全くない方というのは、クレジットカード会社からすると「怪しい経歴」と判断されるケースがあるのです。これは債務整理や自己破産をしていた人は、一定期間クレジットカードやローンを利用できないため、同じようにクレジットカードの利用歴が真っ白になるからです。

ローンの審査では、ローンやクレジットカードを利用していて、かつきちんと返済を続けていた実績が信用として評価されるのです。

 

まとめ

このようにクレジットカードで買い物をした方が、現金で買い物をするよりも、メリットがたくさんあるのです。

ちなみに「クレジットカードは手数料がかかるから嫌だ。」と思っている方は間違えです。

年会費永年無料のクレジットカードで、ショッピング利用(一回払い)だけで利用するのであれば1円も費用はかかりません。

まずは、初心者におすすめのクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

現金よりクレジットカードがおすすめの理由, 4.0 out of 5 based on 1 rating