電子マネーはどこで使っていますか?

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

graphbar128_128他の人は、電子マネーを「何の支払いに、どこで使っている方が多いのでしょうか?」「電子マネーってどのくらいの人が利用しているのでしょうか?」ここでは、電子マネーを利用した業種についてのアンケートデータを紹介します。

電子マネー利用状況

電子マネーは「楽天Edy(エディ)」、「Suica・ICOCA・Kitaca・TOICA・SUGOCA・PASMO・manaca・nimoca・はやかけん などの交通系電子マネー」、「PiTaPa(ピタパ)」、「nanaco(ナナコ)」、「WAON(ワオン)」、「iD(アイディー) ※DCMXmini含む」、「QUICPay(クイックペイ)」、「Visa Touch(ビザタッチ)/Smartplus(スマートプラス)」、「その他電子マネー」で算出
 
出典:株式会社ジェーシービー「クレジットカードに関する総合調査」
調査時期:2012年9月
調査対象:全国の20代から60代の男女、学生
調査人数:3500人

電子マネー利用をした業種の考察

電車・バスなどの交通機関利用が4割

それでも、4割しか利用していないのかという印象はあるが、「Suica」「PASMO」などを代表する交通系電子マネーが一番利用度の高いシチュエーションになっています。頻繁に利用し、かつ小銭の支払いが面倒な電車やバスの移動では電子マネーは必須と言っても良いのではないでしょうか。

クレジットカードでも、「Suica」「PASMO」搭載のものも増えてきているので、オートチャージでさらに便利に利用できるようになっています。交通機関では電子マネー利用の割合は年々高まっていくでしょう。

コンビニ利用が交通系を追随

コンビニの会計時に音が鳴る電子マネーを使っている方が目立つようになりました。これには「nanaco(ナナコ)」などのコンビニ系の電子マネーの登場も大きく貢献しているでしょう。コンビニ利用時に「nanaco(ナナコ)」を利用すればポイントやその他の特典も貯まるため利用しない手はないのです。また、店舗で積極的にカード加盟を推進しているため、どんどん利用者が増えている印象です。

電子マネーはクレジットカード搭載で得をする

電子マネーを利用している方は、電子マネーだけのカードで利用している方も多いと思いますが、実際は損をしてしまっています。

電子マネー搭載クレジットカードにすると

  1. 電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる
  2. オートチャージなどいちいちデポジットに入金する手間が必要ない
  3. クレジットカードの特典も利用できる

というメリットがあるため、電子マネーの利用が多い方は単体の電子マネーから電子マネー搭載クレジットカードへの切り替えを考えてみても良いでしょう。

電子マネーはどこで使っていますか?, 2.0 out of 5 based on 1 rating