海外専用プリペイドカードとクレジットカードの海外キャッシングの比較

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

carrybag128_128

海外旅行に行くときに通貨を両替するのには大きく分けて3つの方法があります。

  • 一つは空港での両替
  • もう一つは海外専用プリペイドカードで海外ATMから現地通貨引き出し
  • 最後はクレジットカードを使って海外ATMからキャッシング

この3つです。空港での両替は両替の為替手数料が高くなってしまうので、おすすめはできません。では残った海外専用プリペイドカードとクレジットカードの海外キャッシングは何が違って、どちらがお得なのでしょうか?

海外専用プリペイドカード

海外旅行に行く前に入金しておいた金額が旅行先の海外ATMで現地通貨で引き出せるカードが海外専用プリペイドカードです。

クレジットカード

特別なクレジットカードではなく、日本で普通に使っているクレジットカードでも、海外のATMから現地通貨でのキャッシングが可能になります。今お使いのクレジットカードで海外ATMから借り入れができるのです。

両方のカードで実現できること

現金を持ち歩かなくていい

海外は日本よりも断然治安が悪く、現金を持ち歩いている日本人は詐欺やスリなどの標的になりやすいのです。しかし、海外専用プリペイドカードがあれば必要なときに必要な金額だけ海外ATMから引き出せば良いのです。

現地通貨で引き出せるから両替の必要がない

どちらのカードでも、海外のATMを使えば現地通貨でお金を引き出すことができます。わざわざ空港で両替をする必要もないのです。

海外専用プリペイドカードがクレジットカードより優れている点

海外専用プリペイドカードは使いすぎる心配がない

クレジットカードの海外キャッシングの場合は、「キャッシング利用」と同じなので後で返済する形になります。返済方法はクレジットカードによりますが、一括払いであれば月末で絞めて翌月末に登録している銀行口座から引き落とされるというのが一般的です。

お金を借りているわけなので、気分が高まった海外で使いすぎてしまう可能性があるのです。

海外専用プリペイドカードは事前に入金することと、1日当たりの引き出し限度額などが設定できるため、計画的に利用することが可能になります。

海外専用プリペイドカードはキャッシング手数料がいらない

クレジットカードの海外キャッシングの場合は、「キャッシング利用」なのでキャッシング手数料が発生します。年利18%ほどの金利がかかってくるのです。翌月に返済するのであれば、利用額の1.5%ほどの手数料が発生することになります。

審査が必要ない

クレジットカードは18歳以上で審査に通らなければ持つことができません。しかし、海外専用プリペイドカードは銀行口座があって、15歳以上であれば審査なしでほとんど発行することが可能です。

クレジットカードが海外専用プリペイドカードより優れている点

為替手数料がない

クレジットカードの海外キャッシングにはキャッシング手数料があるものの、為替手数料がありません。つまり、翌月に返済して金利が1.5%ほどかかっても、為替手数料が3%の海外専用プリペイドカードよりもお得ということになります。当然キャッシングは返済する月が伸びれば金利は増えていってしまうので、あくまでも翌月にすぐ返済するのであればと言う点に注意が必要です。

持っているカードで対応可能

クレジットカードを持っていないという人はなかなかいないと思います。今持っているクレジットカードで海外キャッシングは可能なのです。海外専用プリペイドカードを普段から持っている人はほとんどいないので、新たに作る必要があります。

旅行保険や海外での優待サービスが付いている

クレジットカードは、海外旅行傷害保険や海外でのショッピングでの優待サービスなどが着いています。海外専用プリペイドカードでもトラベルデスクがあるところがありますが、優待サービスなどはほとんどないのです。

まとめ

クレジットカードの海外キャッシングと海外専用プリペイドカードはどちらもメリットデメリットがあると言っていいでしょう。

  • キャッシングに抵抗がない方
  • 翌月にキャッシングしたお金をすぐに返せる方
  • 使いすぎない精神力を持てっている方

→ クレジットカードの方がおすすめです。

  • 15歳以上で18歳未満の方
  • 使いすぎる心配がある方
  • クレジットカードの審査に通らない方

→ 海外専用プリペイドカードがおすすめです。

海外専用プリペイドカードとクレジットカードの海外キャッシングの比較, 4.0 out of 5 based on 1 rating