プラチナカードを取得する方法

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

invitation128_128プラチナカードを手に入れるためにはどのような方法があるのでしょうか。ここではプラチナカードの取得方法について解説します。

プラチナカードの取得方法は2つある

プラチナカードの取得方法は2つしかありません。クレジットカード会社から「インビテーション(招待)」をもらうものと、自分から直接プラチナカードに申込むものです。

1.ゴールドカードを持ってから「インビテーション(招待)」を取得

一つ目の方法は、手に入れたいプラチナカードのワンランク下のゴールドカードを保有して、インビテーションをクレジットカード会社から受け取り、プラチナカードにランクアップする方法です。

クレジットカード会社は、ゴールドカードを持った会員の中で優良顧客と判断した場合に「インビテーション(招待)」を送ってプラチナカードを持ってもらってより利用額を増やしてもらいたいと考えるのです。

インビテーションの発行条件はクレジットカード会社によって大きく異なりますが、最低限の基準としては年間100万円以上の利用と、2年以上のゴールドカード利用歴が必要と言われています。

2.自分から直接プラチナカードに申込んで取得

もうひとつの方法は、プラチナカードに直接申込む方法です。

プラチナカードの中でも、この直接申込を受け付けているプラチナカードは多くありませんが、それでも10枚ぐらいは直接申込みが可能なプラチナカードがあるのです。

直接申込みの場合は、プラチナカードの審査が必要になりますが、審査さえ通ればすぐにプラチナカードを取得することが可能になるのです。

直接申込みが可能なプラチナカード一覧

人気ランキングカード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ANAマイル還元率JALマイル還元率発行期間ポイント還元率下限ポイント還元率上限ポイントモールポイント情報ポイント有効期限利用限度額下限利用限度額上限年会費永年無料年会費初年度無料ポイント還元率0.5%以上ポイント還元率1.0%以上提携マイレージマイル移行手数料(税別)搭乗マイルボーナス家族カード年会費(税別)家族カード2人目~年会費(税別)マイルが貯まる搭乗ボーナスありANAマイル還元率0.5%以上JALマイル還元率0.5%以上電子マネーETCカード発行ETCカード年会費(税別)ETCカード利用特典ETCカード無料発行ガソリン割引ガソリン割引対象スタンドガソリン割引内容キャッシング金利締め日引落し日支払方法海外旅行保険死亡・後遺障害海外旅行保険入院・通院海外旅行保険携行品障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険入院・通院国内旅行保険携行品障害ショッピング保険海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険学生利用入会資格年齢詳細
34位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円0.300%0.250%3営業日0.500%1.000%セゾンポイントモール「セゾンポイントモール」を経由してのオンラインショッピングでポイントが最大30倍無期限----JALマイレージ/ANAマイレージ0円-3,000円3,000円---QUICPay/楽天Edy/iD(携帯)0円----12.00~18.00%毎月月末翌々月4日1回払い/2回払い/リボ払い/ボーナス一括払い/ボーナス2回払い10000万円300万円50万円5000万円15万円-300万円-学生・未成年を除く詳細
68位三井住友VISAプラチナカード
三井住友VISAプラチナカード
50,000円50,000円-0.300%-最短3営業日0.500%1.000%ポイントUPモール「ポイントUPモール」を経由してネットショップで買物をするだけでポイントが2~20倍&三井住友VISAプラチナカード・ゴールドカード会員限定のポイント倍率アップショップ48ヶ月300万円---ANAマイレージ/クリスフライヤー/クラブ・ミッレミリア0円-0円0円---iD/PiTaPa/WAON/iD(携帯)0円-----①毎月15日 ②末日①翌月10日 ②翌月26日1回払い/2回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い10000万円-100万円10000万円--500万円-30歳以上詳細
74位JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
31,000円31,000円--1.000%約4週間---マイル-50万円500万円----JALマイレージ-入会搭乗:5000マイル+搭乗ごと:区間基本マイルの最大25%プラス+2年目以降毎年最初の搭乗時:2000マイル15,500円15,500円--0円----15.00%~18.00%前月16日~当月15日翌月10日1回払い/2回払い/分割払い/ボーナス一括払い10000万円200万円100万円5000万円1万円-300万円-20歳以上詳細
93位MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円--0.800%最短3営業日0.500%1.000%POINT名人.com「POINT名人.com」を経由して買物をすると基本ポイント+POINT名人.comの加算ポイント2~25倍36ヶ月50万円500万円--JALマイレージ/クリスフライヤー/スカイマイル6,000円/1回-0円3,000円--楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica0円----15.00~18.00% ※詳しくは公式サイトをご確認ください毎月15日翌月10日1回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い10000万円--5000万円--300万円-20歳以上詳細

ステイタス性が高いのは入手が難しいインビテーション型

プラチナカードは、年会費を見ても2万円ぐらいのものから10万円ほどのものまでかなり幅があります。

一般的にサービスのレベルやステイタス性を比較してみると、直接申込みが可能なプラチナカードよりも、インビテーションでしか発行できないプラチナカードの方が希少性は高く、サービスレベルも、ステイタス性も、高いと言えます。

まとめ

プラチナカードの場合は、サービスの質が重要な比較ポイントになるため、欲しいプラチナカードを決めてから、直接申込の方法があるのか?それとも下位のゴールドカードを持ってからインビテーションを持つ必要があるのか?見定める順番がおすすめです。

はじめてプラチナカードを持つという方であれば、まずはプラチナカードのサービスレベルを体験してみるために、申込可能で年会費も低額のプラチナカードを選ぶというのもひとつの方法と言えます。

はじめてのプラチナカードにおすすめのカードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。年会費が2万円(税別)と比較的安い割にプラチナレベルのサービスが多く付帯されています。

プラチナカードを取得する方法, 4.0 out of 5 based on 1 rating