プラチナカードを持てる人ってどんな人?

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

doctor2128_128プラチナカードを持っている人というのは、どういう人なのでしょうか?逆にどのくらいの人がプラチナカードを持っているのでしょうか?ここではアンケートデータからプラチナカードの審査や取得基準を推測します。

プラチナカード保有者はたった1.4%

楽天リサーチの「クレジットカードに関する調査」では

1000人にアンケートした中でプラチナカード(ブラックカード)を持っている人は、たったの14人というデータが出ています。

それだけの希少性があるからこそ、特別なステイタスとサービスが付いているともいえるのです。

では、プラチナカード(ブラックカード)を持っていると回答した14人はどのようにクレジットカードを利用しているのでしょうか?

年齢と性別

  • 男性20代 1名
  • 男性30代 2名
  • 男性40代 1名
  • 男性50代 3名
  • 男性60代 2名
  • 女性20代 1名
  • 女性40代 2名
  • 女性60代 2名

男性が9名と、やはり男性が持っている確率が高いようです。年代でいれば、やはり年齢が高い方がプラチナカード(ブラックカード)を持っている割合が増えています。

クレジットカードの利用期間

  • 10年以上 6名
  • 5年以上 4名
  • 3年以上 1名
  • 1年以上 2名
  • 半年以上 1名

プラチナカードを持っている人14名ののうち10名が5年以上クレジットカードを利用している方です。インビテーションによる取得が多い為、5年以上の利用というのがひとつの目安になるようです。半年、1年と回答した方は申込型のプラチナカードであることが想定されます。

プラチナカードの利用頻度

  • ほぼ毎日 2名
  • 週2~3回 4名
  • 週1回    6名
  • 2週間に1回 1名
  • 月1回 1名

プラチナカードを持っている人は、14名中6名が週2、3回以上利用しているようです。プラチナカードを持つためには年間利用額も増やす必要があるため、頻繁な利用が必要ということが想定されます。

まとめ

プラチナカード保有者は100人に1人の希少性があるということが大きな魅力と言っていいでしょう。今まではゴールドカードがそれなりの希少性があったのですが、100人中11人がゴールドカードを持っていることからすると、今ではプラチナカードほどの希少性はないのです。

希少性があるということは、それだけ優良顧客として扱われるステイタス性を持っていると言えるのです。

プラチナカードを保有している多くの方が、週2回~3回以上、5年以上の利用履歴があることから、継続的に利用することがプラチナカード取得の近道と言えます。

プラチナカードを持てる人ってどんな人?, 3.0 out of 5 based on 1 rating