海外専用プリペイドカード比較のポイント

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

doctor2128_128

海外専用プリペイドカードを選ぶときにはどのようなポイントで比較すると良いのでしょうか?ここでは海外専用プリペイドカードの比較ポイントについて解説します。

1.為替手数料で選ぶ

為替手数料が両替をする時の手数料です。

大抵は3%~5%の為替手数料が設定されていて、空港の両替よりはかなり安いのですが

10万円両替したら3000円なのか?5000円なのか?では大きな違いになってしまいます。

まずチェックすべきは為替手数料の手数料率と言っていいでしょう。

2.年会費と口座管理手数料

基本的に海外専用プリペイドカードは年会費が無料のところが多いのですが、1年間利用がない場合に数百円の口座管理手数料が発生してしまうケースがあります。

数百円とは言え、無駄なコストになってしまうのでチェックが必要です。

まれに入金手数料有料の海外専用プリペイドカードもあるため、気を付けましょう。

3.カードの発行スピード、チャージ反映スピード

余裕を持った日程で計画的に海外旅行をするのであれば、重要ではありませんが

仮に「明日海外旅行に行く予定だけど、プリペイドカードというものがあるのを今日知った・・・」

という場合に対応するためには、即日発行ができる海外専用プリペイドカードであることと、チャージしてからそれを海外ATMで引き出せるようになるまでの反映スピードも重要になってきます。

海外専用プリペイドカードの発行は、即日発行できるところから数日はかかってしまうところまでありますし、チャージの反映も1時間後から24時間後までカードによって違いがあるのです。時間がない方にとっては、これも重要な比較ポイントと言えるでしょう。

4.緊急時のサポートサービス

海外専用プリペイドカードはプリペイドカードとしての機能だけではなく、こまったときに日本語でサポートしてくれる体制を整えています。当然、プリペイドカードが盗難にあったり、紛失してしまったりしたら、それを連絡して再発行してもらう必要があるのですが、このような紛失・盗難デスク以外人も、現地の情報や観光情報を案内してくれるトラベルデスクを用意している海外専用プリペイドカードもあるのです。

サービスが充実しているに越したことはありません。

まとめ

海外専用プリペイドカードを比較検討するうえでのチェックポイントは

  1. 為替手数料
  2. 年会費・口座管理手数料
  3. 発行スピード・チャージ反映スピード
  4. サポートサービス

です。