法人カードのデメリット

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

memo128_128法人カードにも当然メリットだけでなく、デメリットもあります。法人カードのデメリットを正確に把握してから申し込みましょう。

法人カードのデメリット

法人カードは追加カードごとに費用が掛かるのが一般的

法人カードというものは、中小企業であれば社長と役員、営業、経理の部長に追加カードを発行することが通常です。従業員全員に発行することも可能ですが、ほとんどの法人カードでは追加カードごとに年会費がかかってしまうので、数枚であれば大きな費用負担ではありませんが、数十枚規模になるとコストも高くなってしまいます。

法人カードの審査は、経営実績を審査される

法人カードの場合は、経営者個人の信用情報も審査されるのですが、基本的には発行する法人の経営状況、業歴、法人の融資などの信用情報などが審査されることになります。とくに起業直後の法人の場合は、カードによってはなかなか審査に通らないことも多いようです。

キャッシング機能がないものが多い

法人カードには、個人のクレジットカードとは違ってキャッシング機能が付いていないものが多いのです。キャッシングは、いわゆるローンなので、法人の場合はクレジットカードとは違った経営状況の審査をする必要があるからです。法人の資金調達などでキャッシング目的の場合は、法人カードよりも、ビジネスローンなどを検討することをおすすめします。

年会費永年無料の法人カードはない

現在のところ年会費永年無料の法人カードというのはありません。一部の法人カード「EX Gold for Biz M」や「JCB一般法人カード」では初年度年会費無料になっていますが、基本的には年会費がかかり、一般的なクレジットカードと比較すると年会費は高めに設定されているのです。

ポイントが付与されない法人カードもある

法人カードでも、個人向けのクレジットカードのようにポイント付与があるものもありますが、ポイントが全くたまらないものもあります。

法人カードは発行が遅い

法人カードの場合は、申込みから審査、発行、郵送到着まで早くても3週間ぐらい必要になります。個人向けのクレジットカードのように即日発行可能というようなものはないのです。

法人カードは数が少ない

個人向けのクレジットカードは、数百枚以上が世の中に流通していますが、法人カードというのはメジャーなカードは両手で数えられてしまうぐらい希少なものなのです。選択肢が少ない分、審査が通らないと法人カードが取得できないということも往々にしてあるのです。

まとめ

法人カードは、個人向けのクレジットカードと比較して年会費が高めであったり、ポイント付与がなかったりしますが、これは大きなデメリットとは言えません。法人として経費利用をする上で大きな問題にならないからです。

最大のデメリットは、法人カードは審査が通りにくいということです。とくに起業直後こそ、インターネット関連のコストが安いサービスを利用したいところですが、業歴が少ないと審査に通る法人カードというのは限られてしまうのです。

法人カードのデメリット, 3.0 out of 5 based on 1 rating