ゴールドカードはインビテーション(招待)で取得する

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/5 (1 vote cast)

invitation128_128ゴールドカードには、いくつか取得方法がありますが、王道の取得方法は「インビテーション(招待)」というものです。ではインビテーションとは一体何なのでしょうか?

インビテーションとは

インビテーション(invitation)という英語は、日本語では「招待」「招待状」という意味を持ちます。最近では、ゴールドカードははじめから申し込めるカードが増えてきましたが、以前は一般カードからのインビテーションによるグレードアップというルートが主流だったのです。

一般カード(クラシックカード)を利用していると突然クレジットカード会社から「ゴールドカードにしませんか?」という「招待状」が届くのです。この「招待状」のことをインビテーションと言います。

インビテーションとはどんな人に届くの?

一律の基準はありませんが、クレジットカード会社から見て「優良顧客」であると認識された場合にもっとクレジットカードの利用を増やしてほしい、自社のクレジットカード会員であり続けてほしいという目的でゴールドカードに招待するのです。

年間何百万と利用する超優良顧客の場合は、年会費無料でいいからゴールドカードにしてください。と言われることすらあるようです。

クレジットカード会社がインビテーションを送りたくなる「優良顧客」とは?

  • 年間のクレジットカード利用額が多い方
  • 年間の利用額は少なくても、安定的に数年間利用を続けてくれた方
  • クレジットカードの利用目的が高級ブランドや海外旅行である方
  • 年収が高額な方
  • グループ会社のサービスを良く利用してくれる方
  • 返済遅延、返済事故のない方

などになります。

もちろん、クレジットカードの利用額が大きい方はインビテーションの対象になりやすいのです。さらに言えば、クレジットカード会社は利用額だけで優良顧客を判断しているのではなく、クレジットカードで買ったものについても判断基準にしています。たとえば、海外旅行に頻繁に行き、高級ブランドを買うエグゼクティブの方と家賃や保険や生活費などをなんとか合算してクレジットカードの利用額を上げた方が同額の利用額だとしたら、前者の方を優良顧客として認識するのです。

また、利用年数も優良顧客の判断に影響するため、インビテーションをもらいたい方は数年間は同じクレジットカードをメインカードとして使い続ける必要があるのです。

インビテーションを送る基準はクレジットカード会社によってまちまち

インビテーションの送付基準というのは、クレジットカード会社によっても違いますし、時期やタイミングによっても違います。バブル時代の基準と現在の基準では、あきらかに送付のハードルは下がっていると言えるでしょう。

ゴールドカードはインビテーション(招待)で取得する, 4.0 out of 5 based on 1 rating