電子マネーのデメリット

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.0/5 (1 vote cast)

ng128_128

電子マネーのデメリットというのはどこにあるのでしょうか?ここでは電子マネーのデメリットについて解説します。

毎回チャージしなければならない

電子マネーは基本的にはプリペイド(前払い)方式の決済用マネーカードです。つまり、毎回お買い物をするためにはチャージをして残高を増やしておく必要があるのです。

PASMO、Suicaで経験済みの方も多いと思うのですが、うっかりチャージをし忘れていたり、毎回チャージをするのが面倒くさいと思う方も少なくないのです。

これは電子マネーの弱点の一つと言えます。

ただし、この弱点を克服するためにオートチャージという機能を持った電子マネーが増えてきました。今では主要な電子マネーにはオートチャージ機能が付いているのです。

これは残高がなくなったら自動的にクレジットカードから決済されてチャージされるサービスです。クレジットカードからのチャージでポイントも貯まるためオートチャージの電子マネーの人気が高まっているのです。

盗難されたらそのまま使われてまう

電子マネーはクレジットカードとは違って、非接触型ICチップというものが内蔵されていて、これを会計時の専用端末にかざすことで支払いが完了します。

お金が入ったお財布と同じようなものなのです。

電子マネーカードを盗まれてしまった場合には、利用停止の連絡をすれば使えなくすることは可能ですが、気付くまでの間で利用されてしまうケースもあるのです。

クレジットカードの場合は、盗まれて使われてしまっても、盗難保険によって損害額が保証されますが、電子マネーにはこのようなサービスはないのです。

クレジットカードと電子マネーが別々だと紛失しやすいということから、電子マネー一体型のクレジットカードも人気があるようです。

使う場所が限定される

クレジットカードの場合は、日本国内であれば、VISAでも、MasterCardでも、JCBでも、ほとんどのお店で使うことが可能ですが、電子マネーの場合は、企業が自社の会員囲い込みのために発行するケースが多い為に、どこでも使えるというわけではありません。

WAONであればイオングループ中心になりますし、nanacoならセブン&アイグループ中心になってしまうのです。そのため、使うお店によって対応可能な電子マネーというのが限られていることも電子マネーのデメリットと言えます。

電子マネーのデメリット, 2.0 out of 5 based on 1 rating