デビットカードのメリット

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)

ノートデビットカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか?クレジットカード審査で落ちてしまう方におすすめのデビットカードのメリットを解説します。

デビットカードは審査がない

デビットカードの最大のメリットは審査がないことです。銀行口座を開設できる方であれば、デビットカードを発行することはほぼ可能です。

銀行口座を作るためには、身分証があれば作れるため、デビットカードは、債務整理や自己破産をした人でも、ローンなどで高額な金額を借りている人でも、審査なしで発行することが可能ということになります。

審査がないということは、債務整理や自己破産をしてしまってクレジットカードの審査に通らない人、カードローンなどの利用額が大きくてクレジットカードの審査に通らない人でも、作ることができるということです。

デビットカードはVISA加盟店などクレジットカードと同様に使える

デビットカードは、クレジットカードと同じように国際ブランドがついています。VISAの国際ブランドがついているデビットカードであれば、VISAの加盟店でショッピングなどの支払い時に利用することができます。

ただし、デビットカードはリアルタイムで銀行口座から引き落とされるため、支払額よりも登録している銀行の残高が少ない場合には利用することができません。

デビットカードは15歳以上であれば高校生でも作れる

デビットカードは年齢制限が15歳以上と設定されています。クレジットカードの場合は高校生ではない18歳以上の方だけでしたが、デビットカードは高校生でも作ることができるのです。

海外旅行や海外留学を高校生でも行くケースが増えていますが、このときにデビットカードを渡して、親が銀行口座に生活費などを入金しておけば、現地で本人がデビットカードを利用して、現地通貨を引き出したり、ショッピングをしたりすることができるのです。

デビットカードにもポイントは付く

実際クレジットカードと比較してしまうと、デビットカードのポイント還元率というのは半分以下に下がってしまうのですが、それでもポイントが付くものや条件付きでポイントが付くデビットカードがあります。

デビットカードは使いすぎる心配がない

クレジットカードの場合は、買い物をする時に現金がなくても、買い物をすることができます。ついつい、来月の給料で払えばいいやと、現在のお金の状況とは関係なしに使いすぎてしまう可能性があるのです。しかし、デビットカードの場合は、銀行口座にある残高以上の買い物はできないため、使いすぎる心配もないのです。

まとめ

デビットカードの最大のメリットは、審査がなくてクレジットカードなどと同じようにVISA加盟店などで利用できることと言えます。

とくにインターネットやタブレット、スマフォのサービスを中心として、クレジットカードを持っていないと利用できないサービスというのも増えてきています。

しかし、過去にローンの延滞、携帯料金の延滞などをしてしまって、クレジットカード審査に通らない方というのも少なくありません。

このような方に審査なしで作れて、クレジットカードのように使えるデビットカードはおすすめなのです。

おすすめのデビットカード比較はこちら

デビットカードのメリット, 3.0 out of 5 based on 1 rating